音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
雨音

台風の影響か、雨の日が続く。

ずっと以前は、窓を閉めてしまえばしんと静まり返る部屋に住んでいて、

雨など降ろうものならぴしゃりと窓を閉め、なんとしても静謐を保とうとしていた。

 

大通りを行き交う車の音や風の音が聞こえる今の場所に来て1年ほど、

変わったと言えば、あれだけ遮音に拘っていたのが嘘のように、

今ではよほどのことがない限り窓を開け、この場所でいう自然の音を楽しむようになった。

音がしないと寂しいというか。

 

夜遅く、なかなか眠れない夜も、この、サーという音の連続と重なりが、

思いの外疲れを癒してくれることもある。

 

 

今日はすっかり朝から雨。

そういえばいつからか雨の日もそう嫌ではなくなった。

歳をとるといろんなことが変わってくるよとは友人の弁。

それを日々実感し、であるならばその変化を楽しんでいこうとも。

窓から外を眺めているだけで1日が過ぎていきそうな休日だ。

 

 

 

 

よもやま | - | - | author : miss key