音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
梅雨の戻りのような空に思い出した1枚

毎週末、我慢比べのように庭いじりをしていた。

薔薇は春と秋に美しい花をたくさん咲かせてくれるが、

人の手を借りずして健康を保つことは難しい。

病気や虫の発生、薔薇を狙う輩は数知れず。

できれば自然にと思っていたら、7月までに1鉢を除き全てが罹患、

わらをもすがる思いで評判の酵素を毎日与え、

日当たりや風当たりを考慮して鉢の配置を一新。

病葉を毎朝毎夕取り除き、古歯ブラシで貝殻虫を駆除しながら、

ようやくこの2ヶ月を経て、どの株も健康な葉を取り戻し、胸をなでおろした。

 

 

この連休、天気が良ければ出かけようと思っていたが、生憎の天気。

エアコンフル回転でなくても過ごせるのはありがたかったが、

鉛のような空色に、なんとなく連想した1枚はこれだった。

Pavlo BeznousikのBach。

 

 

 

 

端正な演奏の中にも急峻なラインを描き、ぐっと迫るものがある。

彼のバイオリンが聴きたくなるのは、どちらかというと心が落ち着かない時だ。

 

そう。

この週末、せっかくだからと床を掃除したり、ガラスを拭いたりと目のつくところを清掃。

結果、家具を動かしたので、音も変わってしまったから、audioのセッティングもやり直した。

接点磨きはそこそこにセットし、部屋の中の位置関係をしっかり出してソフト上も再セット。

以前より近接リスニングになるが、いつになくきっちり計ってやってみたら、

目の覚めるような再生になり、少々驚いた。

 

掃除なんて、心の置き所がない時に限る。

そして棚ぼたのようにしていい感じのセッティング完了。

意識して追い込んでもそういかないことの方が多いのに。

 

そして、Pavloのバイオリン。

そういえば、20年近くも前に、レコ芸か何かの新譜リストでみたジャケットが、

これはもうわたしのためのアルバムだと思って購入したテレマンの曲集が、

Pavloも参加している楽団の演奏によるものだった。

 

 

 

 

これも改めて聴いてみると、当時はバロックとか古楽とかを聞いていたんだったと、

少々懐かしく、音楽の嗜好が大きなうねりを成す中で、今からすると対岸にいたような。

当時はもっと部屋も狭く、再生装置もこじんまりとしていた。

録音の場のひんやりとした空気まで伝わってくるとすれば、

やはり当時喜んで聞いていたものを集中的に聴き直す値打ちがあるかも。

 

瀕死の状態からなんとか回復した薔薇たちにはこの音楽が聞こえないかもしれないが、

同じなら元気になったお祝いにもっと賑々しくて楽しいのを流せば良かったかもしれない。

鈍なわたしの元にやってきたたくさんの音源と植物たち。

これからも共に暮らせるようにと願わずにいられない日曜の夜。

 

 

DSCF4802.jpg

others (music) | - | - | author : miss key
Melody

スウェーデンの俳優、Mikael Niqvystが先月末亡くなっているのを今日になって知った。

映画雑誌のニュース欄に目を通していて、あまりの唐突さに声を失う。

彼のことを知ったこと自体、つい7.8年前のことだから、なおのこと一層・・・。

ミレニアム三部作をオールナイトで一挙上映というのが渋谷の古い映画館であって、

確か真夏のことだったような気がするが、

8時間近くをエアコンで冷え切った映画館で過ごした後の朝日がなんとも眩しくて、

夜の仕事帰りの人々といっしょに始発に乗って帰宅というのは、

もうそれっきりやっていないことでもあって。

 

お悔やみの気持ちを込めて選んだのはSvetlanov指揮のコンピレーション、メロディ2。

アルビノーニのアダージョから始まるこの演奏集は、

ささくれ立った気持ちを穏やかに沈めてくれる好盤だ。

以前、国内レーベルからもSorrowというタイトルで出ていたものと同じ内容。

 

 

 

 

もう何度となく観ているこの三部作を完全版の方で改めて見直している。

この調子だと、見終わるのは深夜になってしまうし、明日は月曜日だけど、まあ、いいや。

もっといろんな作品を見たかったな・・・合掌。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
People Time

日頃の慌ただしさにすっかりかまけてしまい、

新譜やら再発やらのリリース情報チェックをつい怠りがちなここ数ヶ月。

Apple musicのおすすめやらで楽をしているのもあるが、

探していないと嗅覚も落ちる。

といっても、手元の音源をあれやこれや聴き直しているとあっという間に時間が尽きてしまうのだけれど。

 

これはうっかりしていた!と慌てて手に入れたCDのBox Setがあった。

Stan Getzの晩年のLive録音、"People Time"の完全版。

 

 

 

 

91年3月にカフェ・モンマルトルで行われた、4日間連続ライブの記録。

彼が亡くなるわずか数ヶ月前のことだ。

不謹慎を承知で言えば、ミュージシャンの最晩年のライブ演奏には、

聴く者の心を鷲掴みにするような、他にはないと思えるほどの気迫と魂を感じることが少なくない。

 

当初リリースされた2枚組のアルバムは、91年の冬に出ていて、

その頃は公私共にいろいろあって昨日のことのように思い出せるのだけど、

Charlie Hadenオリジナルの"First Song"を初めて耳にした時のあの切なさといったら・・・。

 

このBoxは7枚組、すべてのセットが収められているから、First Songの

演奏違いももちろん全て入っていて・・・2枚組に収める曲をどれにするか、

一体どれだけ迷ったんだろうと、20年以上経ってこうして聴いてみて、

改めてコンプリートの形で出そうという関係者の思いに近づけたような気がするのだ。

 

ところでこのSetは2009年にリリースとある。

なんと8年も知らないで買い漏らしていたという自分に呆れもするが、

ちょうどその頃から矢鱈と仕事が忙しくなって、盤探しの意欲が激落ちした時期にあたる。

他にも自分にとって大事な録音が出ていることすら知らず聞き損ねているんだろうなあと思うと、

仕方のないこととはわかっていてもやっぱり溜息が深くなる。

まあ、People Time Complete Recordingが聴けたのだからよしとしよう。

 

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
擬似森林浴

ここのところ帰宅が遅く、自宅のシステムでしっかり聴くよりは、

もっぱらヘッドホンとポータブルプレイヤーで音楽を聴いていた。

ちょうどというか、Kraftwerkの3Dが発売され、

すべてのアルバムをもう一度違ったアレンジで楽しめるだけでなく、

3Dというだけあって、その響きの面白さ楽しさが脳天を突く。

もう何度も聞いてきたアルバムだったのに、まだ引き出しが隠れているんだ。

そんなこんなでここ数週間が忙しいなりに気分良く過ごせてきた。

 

しかしながら、この暑さ。夏バテというには早すぎるけど、

気温の変化に体が着いていかないもどかしさよ。

この週末は部屋の中をしっかり掃除して、久しぶりにインドアで過ごした。

折しもいい風の吹く晴天の日曜の午後、facebookで教えていただいた、

加藤訓子さんの新しいアルバムをflac24/192で早速ダウンロード。

J.S.Bach: Solo Works for Marimbaだ。

 

 

 

 

マリンバの、特に低音の響きには、気持ちを爽快にさせる成分がたっぷりのようで、

つい調子に乗って音量を上げたくなる。

バッハを聴く時の、例えばバイオリンやチェロ、ピアノといった楽器による演奏とは違い、

厳かさとはまた違ったスピリチュアルな気持ちになれる。

 

 

 

 

加藤さんの超絶技巧はこれまでのアルバムの中でも惜しみなく披露されているから、

今改めてそこに触れる必要もないだろう。

或いは、ライブ演奏で偶然立ち会うことのできた、

まるで音楽の神様が降臨、彼女に乗り移ったのかと勘違いしそうなほどの熱を発することも。

 

わたしの体験してきた加藤さんのどの演奏とも何かの置き所が変わったようなアルバム。

どうせ同じならとhi-fiな音源でたっぷり擬似森林浴、

でも録音が素晴らしいということもあって、おそらくはCD音源でも十分楽しめるはず。

ただ日本向けの限定版が2SACD(マルチチャンネル)で出ているそうで、

マルチチャンネルなら一体どんなことになってしまうのか興味津々ながらも、

いずれどこかで出るだろうどなたかの感想を楽しみに待ちたいと思う。

いい休みの日はすぐ終わってしまう。でも充実の1日だった。また明日から頑張ろう。

 

◇ Linn Records - J.S.Bach: Solo Works for Marimba by Kuniko

others (music) | - | - | author : miss key
横浜イングリッシュガーデン

真夏のような週末に、少しだけ遠出して横浜イングリッシュガーデンに出かけた。

住宅展示場の隣接に配されたバラや様々な花々で一杯の庭園。

春のバラの時期には少しピークが過ぎたかと思っていたが、

通路は溢れんばかりのお客さんでいっぱいだ。

 

 

DSCF4447.jpg

 

 

バラのアーチを潜りながら、メインの通路が十字に通る中、

小道がそこここにあって、バラ園でなくても贅沢な散歩になるが、

香り高い品種が多く集められているのか、或いはその密集度によるのか、

甘い香りで満たされた空間は、人々の喧騒がなければ極上の贅沢というものだろう。

 

 

バラだけをたくさん集めたバラ園と比べ、

咲ききった花もそのままになるべく自然のまま置かれているのが逆に新鮮で、

地面にしっかりと根を張り、太い幹を何本も伸ばして無数の花をつける様子に、

うちのバラもできたら地植えしたいものだけれど、とため息が出た。

うちでは体力消耗を避ける意味で、或いは痛んだ花をそのままにするのは忍びなく、

ある程度のところで切り花にしてしまうが、いつか株がしっかりとした暁には、

種ができるまでそっと自然にしておこうかと思った。

 

 

DSCF4336.jpg

 

 

原種に近いバラや古い品種もたくさんあり、さらには日本のバラもたくさん咲いていて、

先日出かけた西武ドームの国バラとはまた違った良さが。

もちろん人為的に造られた庭だから、まるっきりの自然ではないし、

何も手をかけないでいるとバラは病気で枯れてしまうから、

違和感なく楽しめる雰囲気の背景には、技術と日々の管理努力があるのだろう。

わずかな入場料でここまで花を見せていただける機会に感謝して会場を後にした。

 

帰りの電車の中、バラの香りを思い出しながらヘッドホンで聞いたスクリャービン。

ロシアのピアニスト、Evgeny Zarafiantsによるプレリュード集だ。

 

 

 

ラフマニノフの演奏が気に入って、同じピアニストでと探した1枚。

演奏に、これという目立った特徴があるわけではないが、

聴く者をふんわりと包み込むような温かさがしみる。

時折はっとするような煌めきとともに高みから降り注ぐような音とともに

よどみなく続く演奏。

神秘と美とが共存するスクリャービンの楽曲は、昨日見たバラ達にぴったりだけど、

こうしてひっそりとヘッドホンで聴いていると、少々センチメンタルになる。

旺盛に咲いて、そして散っていく様を思い浮かべながら。

 

 

DSCF4479.jpg

 

 

 

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
薔薇よ、薔薇よ

今年は随分とうどん粉病に悩まされてきたが、

1年で1番ベランダが賑わう季節がやってきた。

この数日の暖かさで、次々と満開を迎える薔薇たち。

毎日、寒い日も暑い日も世話してきてよかったと思えるひとときだ。

 

 

 

 

朝起きてベランダに出た時の、ほんのりと香る甘い香りがなんとも贅沢だ。

こんな日は、次第に開いていく花を何度も眺めながら、

ぼんやりと音楽を聴くのがいちばんだ。

 

アルヴォ・ペルトの1枚を。"Part: the Sound of Arvo Part"。

 

 

 

LPレコードなので、うっかりうたた寝をしないようにしないといけないが、

透明感溢れる楽曲、演奏でついついうっかりしそうになる。

バイオリンが2人、ピアノが2人。

そしてクレジットにあるBournemouth Sinfoniettaという楽団を検索してみると、

1999年に経済的な理由で解散されたとあった。

このレコードの発売自体は2015年となっていて、録音がもっと古いのか、

その辺りのことはよく分からない。

特別な特徴はないけれど、肌に優しいこなれたお湯のような感じで、

じんわりとしみ込んでくるような演奏だ。

 

薔薇はペルトの音楽を聴いているかどうかはわからないけれど、

この陽気に開ききった1輪を切り花にして眺めていると、

なにやらしんみりした様子に、音楽が聞こえているのでは、と想像を逞しくする。

 

いずれにせよ、薔薇たちが長く良い状態で咲き続けるためには、

1にも2にもちょうどよい気候でいてくれるのがいちばんだ。

もちろん、人の体調にも。

さて、もう一度、Spiegel im Spiegelを聴こう。

others (music) | - | - | author : miss key
とっちらかった

特にこれと意識せず押した更新ボタン。

LINN DSのKonfigで、ファームの更新お知らせが出ていて、

頻繁だなと思いながら、いつもポチッとやって悪いことは何もなかったから。

それが。

突然音が出なくなり、シーンとする部屋の静かなこと。

 

装置を壊したのではないだろうとは思いつつ、

あまりの静けさにわたしの頭はどんどんとっちらかる。

初期化の作業などいろいろ試みるも、多分何かが違ってうまくいかない。

功を奏さない。

 

悪あがきは早めに止めて、いつもお世話になっているお店のスタッフにヘルプ要請、

早々にトラブルシューティングのご教示をいただいて無事復旧した。

手順を教わってからたったの20分。

わたしの「悪あがき」は2時間ほどだったけれど、

悪夢の2時間だったのでなかなかその夜は寝付けなかった(笑)。

 

 

 

 

うちのaudioは半分、いやそれ以上、コンピューターのような気がする。

厳密な意味ではなくて、ソフトでコントロールされているという点で。

昔の装置は、部品がたくさん繋がっていて、それのどこかがおかしくなると、

妙な音がしたり、熱を持ったり、予兆というものがあったような気もする。

しかしうちの今の装置は痛い、かゆいの文句一つ言わず、唐突に静かになる。

あなたの使い方が悪いと言われているような気がするのはきっと気のせいだ。

おそらく彼らにはそっと叩くとか、そういう対処も効かないだろう。

何にでも感情移入するかのごとく付き合おうとするわたしには、

ほんの少し、「彼ら」との距離を感じる瞬間だ。

 

それはさておき。

 

とっちらかっていたのはわたしの頭だけではない。

NASに収められていた大量のデータも、そういえば2台のHDDから移行した後は、

ライブラリの表示にも随分おかしな、いかにもとっちらかった表示がいくつも出ていた。

なので、かつてはボタン一つで出来たデータベースの再構築を何とかやって、

そのとっちらかり具合もすっきりと収めることができた。

 

作業の後のお茶は美味い。

 

BGMに久々のSilvestrovを。

 

 

ECMから出ているアルバムは、眺めて楽しみ、聴いてさらに楽しめる、

1枚で2度美味しい楽曲集だからすごく好きだ。

いつかこんな写真が撮りたいと思いつつなかなかそれは無理なことなのだけど、

こうして美しいピアノの響きを聴いていると、

細かいことはもうどうでもよくなっている。

 

 

ファームウェアの入れ替えを何度となくされたわたしのaudioは、

復旧後は少し不機嫌なようだった。

サリサリとしたほんの少しだけどささくれ立ちのようなものを感じたけれど、

こうしてきれいな響きのアルバムを流しているうちに、

違和感も綺麗に何処かに消え去って、いまはいつもの響き、いつもの部屋だ。

 

最近の、とは言わないけれど、自分で選んだaudioだけど、

実はよくわかっていないことが今回のことでよくわかった。

これからもずっとお世話になるのだから、もっと相手のことをよく知ろう。

ちょっとした勉強とか、ついおろそかになっている。

歳のせいにはすまい。

ちょっと口元に力の入った夜だ。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
requiem

しばらく入院していた同僚が亡くなった。

その報せを聞いた時には胃の辺りに重々しいものを感じたのは、

単に歳が近いせいではないだろう。

 

働き方を変えよう

そんな標語が標語でなくなるときがいつか来るだろうか。

 

 

わたしにできることと言えば、こうしてrequiemに浸ることぐらいだ。

それでも美しい響きに部屋が満たされると、

乾いた心の中にも少しばかり潤いが戻ってくるような気がして。

 

 

 

 

ライブラリを覗いたら、requiemというタイトルのアルバムが随分ある。

Clemencic ConcortによるJohann Joseph Fuxのアルバムは、

別のFuxのアルバムがあまりに良かったのでついでに買い求めた。

 

メランコリックに溺れず、淡々と音の連なりが宙に放たれていく。

目で追える訳でもないのに、こうしてぼんやりと眺めてしまうのはなぜだろう。

こうして無に帰ることが悲しく虚しいわけでもなく。

 

自分はあと何度こうして人を見送るということをしなければならないのだろうと思うと、

音がしそうなほどにカラカラな胸の中にもふと過るものがある。

春はあと少しでやってくるというのに。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
Local Objects

バラの葉摘が始まった。

これが始まると本格的な冬だなと思う。

バラのある生活を始めて何年になるだろう。

最初に買い求めた苗は幹もしっかりしてバラが樹木であったことを思い出させてくれる。

 

この週末、本当に空気が凍るように冷たい。

花の世話をしていると束の間それも忘れるけれど、

作業が終わって一息つくと、吐く息の白いのに驚く。

 

 

 

 

冷たい日だからというのではないけれど、

クラシックギターのソロアルバムが聴きたくなった。

Zsofia Borosの"Local Objects"。

 

Borosは80年生まれのハンガリー出身のギタリスト。

彼女の弾くギターはどこまでも透き通った美しい音色だ。

 

選ばれた楽曲はいずれも現代の作曲家のもの。

強い主張はないけれど、ひっそりとした中にも仄かな温かみあるメロディ。

そしてどこかメランコリックで懐かしい。

 

眠れない夜のお供がまた1枚、また1枚と増えていく。

それが喜ばしいことなのかどうかはわからないけれども。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
休日の朝、ギターの音色が聴きたくなる

すっかり音楽日和になった今日この頃。

窓を閉め切っても暑くない。

しんと冷え始めた空気。

低く斜めに差し込む陽の光。

どれをとっても、静かに音楽を聴くのにぴったりだ。

 

 

福田進一『マチネの終わりに』-180x180.jpg

 

 

本の写真を撮ったのとは違う。

リリースされて間もないCDのジャケット。

福田進一さんのアルバム「マチネの終わりに」。

 

才に恵まれたギタリストと記者の恋愛を描いた、

同名の小説に登場する曲から選ばれた楽曲から編まれたアルバム。

オーケストラとアンサンブルのアランフェス協奏曲から始まるあたり、

肝心の本は未読ゆえ、恋愛の行方につい想像が膨らむ。

そして「幸福の硬貨」という曲は小説中の架空の曲ながら、

林そよかさんが新たに作曲されたものだそう。

 

福田進一さんの演奏でブローウェルが聴ける幸福。

それもいい具合に陽の差す休日の午前に。

思い切って窓を開け放ち、冷たい空気を入れながらブランケットに包まる。

まるでホールを貸切にして目の前で弾いてくれているような甘い錯覚。

音楽を聴くことはささやかな幸せの一例と何かにあったけれど・・・。

 

CDにはしおりが付いていて、なくしてもいけないし、

せっかくだからと今日ようやく本を手にいれた。

寝る前に少しずつ読み進めることにしよう。

 

 

D61_7612.jpg

 

 

others (music) | - | - | author : miss key