音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
とっちらかった

特にこれと意識せず押した更新ボタン。

LINN DSのKonfigで、ファームの更新お知らせが出ていて、

頻繁だなと思いながら、いつもポチッとやって悪いことは何もなかったから。

それが。

突然音が出なくなり、シーンとする部屋の静かなこと。

 

装置を壊したのではないだろうとは思いつつ、

あまりの静けさにわたしの頭はどんどんとっちらかる。

初期化の作業などいろいろ試みるも、多分何かが違ってうまくいかない。

功を奏さない。

 

悪あがきは早めに止めて、いつもお世話になっているお店のスタッフにヘルプ要請、

早々にトラブルシューティングのご教示をいただいて無事復旧した。

手順を教わってからたったの20分。

わたしの「悪あがき」は2時間ほどだったけれど、

悪夢の2時間だったのでなかなかその夜は寝付けなかった(笑)。

 

 

 

 

うちのaudioは半分、いやそれ以上、コンピューターのような気がする。

厳密な意味ではなくて、ソフトでコントロールされているという点で。

昔の装置は、部品がたくさん繋がっていて、それのどこかがおかしくなると、

妙な音がしたり、熱を持ったり、予兆というものがあったような気もする。

しかしうちの今の装置は痛い、かゆいの文句一つ言わず、唐突に静かになる。

あなたの使い方が悪いと言われているような気がするのはきっと気のせいだ。

おそらく彼らにはそっと叩くとか、そういう対処も効かないだろう。

何にでも感情移入するかのごとく付き合おうとするわたしには、

ほんの少し、「彼ら」との距離を感じる瞬間だ。

 

それはさておき。

 

とっちらかっていたのはわたしの頭だけではない。

NASに収められていた大量のデータも、そういえば2台のHDDから移行した後は、

ライブラリの表示にも随分おかしな、いかにもとっちらかった表示がいくつも出ていた。

なので、かつてはボタン一つで出来たデータベースの再構築を何とかやって、

そのとっちらかり具合もすっきりと収めることができた。

 

作業の後のお茶は美味い。

 

BGMに久々のSilvestrovを。

 

 

ECMから出ているアルバムは、眺めて楽しみ、聴いてさらに楽しめる、

1枚で2度美味しい楽曲集だからすごく好きだ。

いつかこんな写真が撮りたいと思いつつなかなかそれは無理なことなのだけど、

こうして美しいピアノの響きを聴いていると、

細かいことはもうどうでもよくなっている。

 

 

ファームウェアの入れ替えを何度となくされたわたしのaudioは、

復旧後は少し不機嫌なようだった。

サリサリとしたほんの少しだけどささくれ立ちのようなものを感じたけれど、

こうしてきれいな響きのアルバムを流しているうちに、

違和感も綺麗に何処かに消え去って、いまはいつもの響き、いつもの部屋だ。

 

最近の、とは言わないけれど、自分で選んだaudioだけど、

実はよくわかっていないことが今回のことでよくわかった。

これからもずっとお世話になるのだから、もっと相手のことをよく知ろう。

ちょっとした勉強とか、ついおろそかになっている。

歳のせいにはすまい。

ちょっと口元に力の入った夜だ。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
requiem

しばらく入院していた同僚が亡くなった。

その報せを聞いた時には胃の辺りに重々しいものを感じたのは、

単に歳が近いせいではないだろう。

 

働き方を変えよう

そんな標語が標語でなくなるときがいつか来るだろうか。

 

 

わたしにできることと言えば、こうしてrequiemに浸ることぐらいだ。

それでも美しい響きに部屋が満たされると、

乾いた心の中にも少しばかり潤いが戻ってくるような気がして。

 

 

 

 

ライブラリを覗いたら、requiemというタイトルのアルバムが随分ある。

Clemencic ConcortによるJohann Joseph Fuxのアルバムは、

別のFuxのアルバムがあまりに良かったのでついでに買い求めた。

 

メランコリックに溺れず、淡々と音の連なりが宙に放たれていく。

目で追える訳でもないのに、こうしてぼんやりと眺めてしまうのはなぜだろう。

こうして無に帰ることが悲しく虚しいわけでもなく。

 

自分はあと何度こうして人を見送るということをしなければならないのだろうと思うと、

音がしそうなほどにカラカラな胸の中にもふと過るものがある。

春はあと少しでやってくるというのに。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
Local Objects

バラの葉摘が始まった。

これが始まると本格的な冬だなと思う。

バラのある生活を始めて何年になるだろう。

最初に買い求めた苗は幹もしっかりしてバラが樹木であったことを思い出させてくれる。

 

この週末、本当に空気が凍るように冷たい。

花の世話をしていると束の間それも忘れるけれど、

作業が終わって一息つくと、吐く息の白いのに驚く。

 

 

 

 

冷たい日だからというのではないけれど、

クラシックギターのソロアルバムが聴きたくなった。

Zsofia Borosの"Local Objects"。

 

Borosは80年生まれのハンガリー出身のギタリスト。

彼女の弾くギターはどこまでも透き通った美しい音色だ。

 

選ばれた楽曲はいずれも現代の作曲家のもの。

強い主張はないけれど、ひっそりとした中にも仄かな温かみあるメロディ。

そしてどこかメランコリックで懐かしい。

 

眠れない夜のお供がまた1枚、また1枚と増えていく。

それが喜ばしいことなのかどうかはわからないけれども。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
休日の朝、ギターの音色が聴きたくなる

すっかり音楽日和になった今日この頃。

窓を閉め切っても暑くない。

しんと冷え始めた空気。

低く斜めに差し込む陽の光。

どれをとっても、静かに音楽を聴くのにぴったりだ。

 

 

福田進一『マチネの終わりに』-180x180.jpg

 

 

本の写真を撮ったのとは違う。

リリースされて間もないCDのジャケット。

福田進一さんのアルバム「マチネの終わりに」。

 

才に恵まれたギタリストと記者の恋愛を描いた、

同名の小説に登場する曲から選ばれた楽曲から編まれたアルバム。

オーケストラとアンサンブルのアランフェス協奏曲から始まるあたり、

肝心の本は未読ゆえ、恋愛の行方につい想像が膨らむ。

そして「幸福の硬貨」という曲は小説中の架空の曲ながら、

林そよかさんが新たに作曲されたものだそう。

 

福田進一さんの演奏でブローウェルが聴ける幸福。

それもいい具合に陽の差す休日の午前に。

思い切って窓を開け放ち、冷たい空気を入れながらブランケットに包まる。

まるでホールを貸切にして目の前で弾いてくれているような甘い錯覚。

音楽を聴くことはささやかな幸せの一例と何かにあったけれど・・・。

 

CDにはしおりが付いていて、なくしてもいけないし、

せっかくだからと今日ようやく本を手にいれた。

寝る前に少しずつ読み進めることにしよう。

 

 

D61_7612.jpg

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
Telling the Trees

こまめに音源のリリースチェックをしていたのは一体いつのことだろう。

音楽を聴くこと自体は別にまめでなくてもいいんだろうけれども、

これというミュージシャンの音源リリースをチェックすることも、

最近は随分いい加減になっていて、

何かの拍子に気づいて慌てて買うことが少なくない。

 

RM Hubbertの最近の2作品(!)もそんなアルバムだ。

彼が特別寡作というわけでもなく、単に見逃していただけなのだけれど、

とりあえず、レコードで買えてめでたしめでたし。

 

 

 

 

グラスゴーのギタリスト、ということでLINN Recordsのサイトで聴いたのが最初で、

音の良いデータで購入できたのに、私はわざわざレコードを探して買った。

彼の出すレコードには、一応mp3ダウンロードチケットも付いているが、

何の迷いもない、澄み切った響きを聴くのには、やっぱりレコードが良いと信じている。

比べたわけではなくて、もうこの辺りは宗教か何かと同じなんじゃないかと思っている。

 

一時は同じアルバムを聴くのに、何で聴くのが一番いい音がするのか、

などといろいろ気になって仕方がなかったが、今はそうでもない。

ストリーミングで適当に流れているものを聴いていて疲れるということもなければ、

何が何でもレコードでなければとも思わない。

そんな中で、これはレコードで聴きたいと思うものがあったりする、

それが例えば今日のHubbertのギターだった。

 

ストリーミング音源はどんどん広がりを見せ、今や死ぬまでどんだけ聞けるんだというくらい、

様々な音源が手軽に入手できたり、聞けたりする。

以前は自分の気に入るものをどうやって探すか、それこそショップの発売予告なんか、

目を皿のようにして見ていたような時期もあったけれど、

ここ数年は随分と肩の力も抜けて、いいもの、自分に合ったものとはいずれ出会える、

そんな楽な気持ちでいる。

それがいいのかどうかはわからないけれど、

ある種の熱が解けて、以前よりうんと楽になっているのは間違いない。

 

さて、Hubbertのギター。

昔のウインダムヒルのアルバムを思い出すけれど、もっと力強く、そしてシニカル。

音と音の響きの隙間からいろんな世界を見せてくれる。

ギターって小さくて軽くて、世界を股にかけていろんな演奏がなされてる楽器なんだと、

以前、福田進一さんのコンサートで伺ったが、なるほど合点なのだった。

寝る時間まではまだまだある、せっかくだから、彼のアルバムを遡って全部聞いてみよう。

もう9月というのに、真夏のような入道雲がずんぐりと浮かぶ日曜の午後。

others (music) | - | - | author : miss key
台風前の冷たい風に癒される

ここのところ台風が連続してやって来ている。

大雨も大風も決して歓迎はしないけれども、

やってくる前の、このなんとも言えない風の冷たさが、

なかなか終わってくれない夏の疲れをどれだけ癒してくれるか。

子供の頃は、そんなことを感じも思いもしなかったけれど。

 

今朝は早くからレコード三昧だ。

不思議なものであんまり暑いとレコードをゆっくり聴く気がしない。

別に管球アンプ使っているわけでもなし、レコードプレーヤー回すと暑いとか、

端的に思い当たることはないけれど、単に気持ちの余裕がないということか。

 

いよいよ、というか久々というか。

Johnny Hartmanの歌声でさらに癒されよう。

コルトレーンとのコラボレーションアルバム、"John Coltrane and Johnny Hartman"。

 

 

 

 

声ってほんとうに持って生まれるものなんだなと痛感させられる。

歌の上手下手の前に、

すでに多くがそこで決まってしまっているといっても言い過ぎでないような。

特にこのアルバムは、聞き手への贈り物のようにいい具合にまとまっていて、

聴き始めるとあっという間に針先は中心へと吸い込まれていくような気配が好きだ。

プレーヤーはどこまでいっても1つの装置であるかもしれないけれど、

いいレコードをかけているときは、何とはなしに、プレーヤーの機嫌も良さそうに見える。

思い込みなんだろうけれど。

 

+++

 

秋から冬にかけて部屋でちんまりとレコードを聴いていると、

うちの装置は少々大げさになり過ぎている気もしないでもなかったりする。

もっと年取って、その時にやっぱり音楽を聴いているならば、

管球とユニットの少ないスピーカーで、

思いっきりシンプルな装置にしてもいいなと思ったり。

 

+++

 

冷たい風といったけれど、今日はちょっと寒すぎるくらいで、

こうしてだんだん秋に近づいていくんだなとは思うけれど、

気温差に体がついていけてなくて、ぼんやりしてしまう。

まあいいか、今日みたいな日は何もせず1日中レコード聴いて終わってしまっても。

夏バテを理由についつい自分に甘くなる天気今ひとつの日曜だ。

others (music) | - | - | author : miss key
涼しさに救われる

1日夏休みを挟んでの4連休。

連休は人をダメにするか、否、その人次第だなんて当たり前のことを改めて痛感。

月末金曜の午後、消費を煽る目的で早退を制度化などという記事に目が留まる。

いったい、誰のことを考えてそんな制度をつくるんだろう。

休める人は休めるし、そうでない人はますます拘束されて辛くなる。

そんな気がするけれども気のせいだろうか。

 

頭が疲れたときにと勧められた西原理恵子さんの本を2冊ほど読んでゲラゲラ笑っていたら、

最後の休みがあっという間に過ぎていった。

近所のマンション建築工事も流石の今日は休みのようで、窓を開けても静かだったから、

わたしのゲラゲラという笑い声が妙に響く。

ああ、近所迷惑になりませんように。

 

午後もいい時間になると、昨日に続いて涼しい風が吹いてきた。

窓全開、カーテンがたなびくほどの強い風だけど、

辛気臭くなってるかもしれない部屋の空気を全とっかえしたあとは、

ピアノの良い音色で締めくくろう。

アレクサンドル・タローのBach。

 

 

 

 

Goldbergばかりいったい何枚持ってれば気が済むのだろう。

それでも、この1枚(2枚組だけど)はぜひお手元に。

わたしには絶対王者なGoldbergがあって、

そのレコードはちょっと特別な気分のときにだけ聴いているが、

そのレコードを凌駕するような1枚が出てくるんじゃないかと、

半ば期待しつつ、半ば心配しつつ、ついつい聴いてしまうのだ。

 

残念ながら、凌駕というところまではいかないのだけれど、

別の立ち位置といえばいいのだろうか、すっと耳に馴染み、染み込んでくる。

彼がもっと若い頃にこの曲を弾いていたらどうだったろう。

そんな想像を掻き立てながら、優しい調べを聴き進める。

 

夏の暑さも一息入れているかのような涼しさに救われる。

エアコン入れっぱなしでじっと部屋に籠るのは本当に不健康だと、

遠くに鳴る花火の音に一瞬心奪われつつ、

いつもの車の流れる騒音に戻ると、明日は月曜、がんばっていかねばと、

連休で鈍りきった気持ちに針金を通すような気持ちだ。

決してカツを入れる1枚ではないが、心のリハビリに優しいおすすめの1枚だ。

others (music) | - | - | author : miss key
10 Years Solo Live

Brad Mehldauが奏でる音色は、とちらかと言えば苦手な方だった。

ピアノトリオでの演奏を初めて聴いたのはいつのことだろう。

深く暗い淵に誘われるような響きに、

とてもではないが耐えられない、そんな心持ちの時期だったような気がする。

 

DSC03253.jpg

 

 

そんな彼のピアノ演奏の、

しかも独奏ばかりを本人が選んだベストアルバムが出たというので、

試聴をしてみたのだけれど、

一人部屋でゆっくりと聞いてみたいと思ったのは何かの気の迷いなんだろうか。

しかもCDと比べて8枚組という大掛かりなLPレコードセットは少々高価で、

廉価になるのをしばらく待っての入手で、この休み、漸く耳にできた次第。

 

夏の蒸し暑い部屋に響かせるのはちょっと勿体ない気がした。

一音、一音に何かの重しでもあるんだろうかという強い存在感ながら、

時にラフに鍵盤の上を指が滑っていくような一瞬もあって、

適度に緊張が抜けるような、いい塩梅なのが私には良かったかもしれない。

 

内証的で独特の仄暗さは相変わらずで、

例えば北欧の港町の夕暮れが、どこまでも深い深い青みと冷たさを湛えるように、

ああこの箱は11月の終わりの、日曜の夕暮れ時に静かに聞くのがいいかもなどと、

ぶつぶつ言いながらも結局は一通り聴いてしまった。

 

そう、8枚のうち、これはと思う盤が7枚目、8枚目。

ポピュラーやロックからの選曲からブラームスetc...。

"Le Mémoire et la Mer"から"Hey you"に流れる面は、思わず息を呑む。

余計なものが一切取り払われて、メロディの美しさが浮かび上がる。

確かにこの2曲は、針を落としてぜひとも聴きたい、そんな2曲。

そして贅沢にもこの2曲で片面が終わるのだ。

 

ほぼ1年近く遅れての入手で、

しかも季節的にどうかというこの8月の猛暑の真っ最中ではあるけれど。

大切な1枚を手元に加えることができたことに感謝、感謝。

またしても悩める一週間が始まるけれど、いい音楽が聴けたのだからそれなりにがんばろう。

others (music) | - | - | author : miss key
Brahmsブーム

通勤途上、iPodで聞くのは専らクラシック、それもシンフォニー。
何かの弾みだったかもしれないが、Brahmsブームが、それも大ブームが訪れた。
これまで1番や4番は、思い出せばあったかも知れない。
でも今回は3番。3番の第3楽章。

レコードで持っているものなら文句なしにバルビローリの全集で聴くのが心地よいが、
BrahmsのCDを端から聴き比べてみたら、一番好きな演奏は意外なところに。
ズデニク・マーツァル&チェコフィルによる3番だった。





録音が新しくてaudio的快楽に溢れてるせいもあるのかも知れない。
説得力なら、ジュリーニの若い頃の録音も好きだし、
ザンデルリンクも捨て難い。
これと選べないほど好きな演奏はたくさんあるが、
マーツァルとチェコフィルの演奏は繰り返し聴きたくなる。
ボヘミアの薫り漂うBrahmsのシンフォニー、
わたしにBrahmsの美しさを教えてくれた人ならなんと言うだろうか。

5月は親しかった人々の命日が何故か多くて、
わたしもとうとう彼らの年に追いついたり追い越したりで、
夜空を眺めては未だ涙が溢れるのをぐっと抑えることもある。
泣いてしまうのは容易くて、嚙みしめることで込上げる感情を愛おしく思うのだ。
そんな季節だからきっと美しいメロディに浸りこんでしまいたいのかもしれない。
だから3番の第3楽章。
もうすぐ梅雨。梅雨が明けたら本当に夏。気持ちを吹っ切る区切りの夏だ。


others (music) | - | - | author : miss key
満開の薔薇も
今年ほど風の強さに悩まされた年もない。
春の嵐かと思って一度や二度なら諦めもつくが、
こうも強い風の日が多いと、さすがに薔薇も傷ついてしまう。
今年は花付きがまあまあな反面、蕾の時期に負担がかかったせいか、
どうも花びらや形が例年ほどでないのが本当に残念。

しかしながら。
花々は、精一杯日の光を浴びてこれでもかと咲き誇る。
それでいい、それでいいのかもしれない。





めずらしくストラヴィンスキーを引っ張り出してみた。
ここしばらく巨星と呼ばれるような大音楽家が次々と世を去ったが、
ブーレーズはすごく気になる音楽家でありながら、
ただの一度も生演奏の機会がなくて、本当に残念だ。

ストラヴィンスキーの頭の中には、
一体どんな色の世界があったのか。
音の響きでもってこんなにも極彩色の世界を紡いでみせるなんて。

しかも音がよく動いていて、
本当に目の前に何かが蠢いて生まれ出てきそうな勢い。
細やかでいて大胆不敵な展開も辞さず。

惹かれる点を挙げればきりがないのに、
手元の音源がそれほどないのも意外なほどで、
だからブーレーズのこの盤はすぐに出てくるのだ。

できることならこの演奏に負けない薔薇を咲かせてみたかったが、
それは秋以降の楽しみ、あるいは目標となったよ。
とりあえずは雨風に濡れずにうまい時期に開いてくれた一輪を。
今年も美しく咲いてくれてほんとうにありがとう。


DSC03642.jpg
others (music) | - | - | author : miss key