音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
TVを買い換える

8年少々使ったTVを買い換えた。

本当は部屋の主のように大きな画面が嫌で、もっと小さいのが欲しかったが、

小さいと、思ったような画質のものがなかなかなくて、

結局、8年前に当時プラズマで一番小さいのを買ったときと同じようなことに。

 

画素数が一気に10倍くらいになったせいで、

あるいは古いメディアのデータもうまく変換してくれるおかげで、

Blu-rayで映画を見ていると、これぞ隔世の感といったところだ。

もっと早く買えば良かったと、何を買い物してもそう思うのだが、

ちっとも学習しないというか、生来の貧乏症のせいか、

いいタイミングで欲しいものを上手に買えなかったりする(苦笑)。

 

 

さすがに手元のあれやこれやの作品を見直していてどっと目が疲れたので、

(画面は綺麗だけれども、あまりに釘付けでガン見してしまうせいで)

肩の力が上手く抜けそうな1枚を流そう。

"Brass Noir"、バルカンブラスのかなり豪華なオムニバス盤だ。

 

 

 

 

同じ楽器でも、こんなに違った響き、違った空気を生み出せるなんて。

吹いてくる風に土の香りがほのかにする。

ボバン・マルコヴィッチ・オルケスター、そしてファンファーレ・チョカリーア、

フランク・ロンドン・クレズマーズ・オールスターズ・・・。

 

バリバリのバルカンブラスはちょっと、という方にも勧めやすい曲構成。

歌物も少し入って、なかなかにメロディアスで、

それでいていかにもそれな雰囲気はたっぷりで。

 

蒸し暑い時の音楽ではないかもしれないが、

今日のようにいきなり大雨の後、いい風が吹く夕暮れなどは、

鄙びた音色に浸ってぼんやりするのもいい。

これから本格的な夏だというのに、もう晩夏な部屋の空気をどうしてくれようか。

まあいいか、寝るまでまだまだ時間がある。もう1回リピートしよう。

world music | - | - | author : miss key
心が疲れたと言う声に耳を傾けて
4月は何かと慌ただしく疲れる季節でもあった。
ベランダに咲き乱れる花々の世話をする時間にも事欠くほど、
なんと忙しなく1月間を過ごしたことだろう。

詳しくは書けないが、周囲にも、そしてわたし自身も、
初めて体験するほどの威圧感に揉まれながら、
次々と来る仕事に埋もれる生活に悲鳴を上げる者がいる。

貧乏暇なし、ということばがある。
これにはどこか前向きな、陽性の響きを感じるのはわたしが関西人だからだろうか。
今おかれている場は、其の場凌ぎとは言わないまでも、
やっつけのようないい加減さが目の前にどんどんと積み上がっていくようで、
納得のいくまで腰のなかなか上がらないわたしのような鈍な人間には、
焦りとストレスだけが日々募ってしまい、ようやく連休を迎えたというわけだ。

何かが辛くて、或いはなんらかの理不尽に頑なになる。
目の前で目に涙を一杯に溜めていた同僚に、
わたしはまともな声をかけることもできなかった。
助けてあげなくてはいけないのだろうが、自分自身にもその余裕の欠片もないのだった。
そのことが目前の出来事にずっしりと上乗せされ、打ちのめされた。


31I5bR32s7L.jpg


心の中を空っぽにしてしまいたかった。
忘れるのではなく、一旦どこか余所にやってしまって。
その空いたところに何を注ぐのか、そんなことを思ったら、
ずっと昔に買った1枚のレコードに行き当たった。

細野晴臣さんのマーキュリックダンスは彼の一体何枚目のアルバムだったか。
美しいブルーの、深いなかにも揺れるグラデーションの美しさが、
盤にもたっぷり詰まっている。
ゆらゆらと揺れる響きが、ささくれ立った胸の中に随分と沁みた。

盤を買った当初は、一体何を表現しているんだろうと考えあぐねたが、
今のわたしは、それがなんの意味なのか、なんていちいち考えない。
痛いところにそっと注ぎ入れるだけの音楽。
それで十分。





こうして休みの日に花を眺めていると、
花はどれもいくつもの美しい部分から成り立っていて、
その何が欠けてもその花と成り得ないのがよくわかってくる。
職場だって仕事だってきっと同じだろうに。
眠りの浅い日々、梅雨が来て夏が来て、
秋になる頃にはこの騒ぎがどうか少しでも落ちついていますように。
world music | - | - | author : miss key
Entomology
ジャケットを見て、これはまさにわたしのためのアルバムだと思った。
ときめきということばよりもっと強い、電撃が背骨を駆け抜ける感覚。
イタリアはトリノのバンド、Bandakadabraのアルバム"Entomology"。





昆虫学なんていうタイトルが付けられたアルバムがあったりするんだ、
なんて感心しているようではだめだった。
タイトルで逆引きしてみると、結構出てくるのに驚いた。
(オルタナの盤でジャケットがもっとそれっぽいものも!)

でも、わたしにはBandakadabraのこれでなくてはいけなかった。
ブラスバンドで独特の間合いを持つ演奏。
1曲目のCaravanは初めて耳にするスカアレンジ、いやもうこれは(笑)。
ほんの少しずれるとズッコケそうな、本当に絶妙の間合いが、
これほどまでに心地よいとは!

Bandakadabraとこのアルバムの試聴曲は
入手先のmusic shop El Arrullo(エル・アルージョ)さんでぜひおためしを。
このアルバム、好きな人はものすごく好き、そんな1枚だ。

わたしの心の中には久々にブラバンの風が吹いている。
春が、もう、そこまで来ている。



 
world music | - | - | author : miss key
月夜の晩に



今夜はいい月が出ていて、まだまだ寒いのにベランダから夜空を眺めている。
満月かと思ったら、ほんの少しだけ欠けた月ということだ。


本当に寒くて冷たい季節はどうにか過ぎたようで、
花屋の店先も少しずつ華やかになってきている。
この部屋でもスミレが花を付け、もうすぐ春だと言っているよう。


ここ数年は春と呼べる季節は本当に短くて。
四季なんていうことばもいずれはどこかへ行ってしまうのだろうか。

少々メランコリックな夜だから、John Williamsのギターの調べを聞きながら眠ろう。
アルバム"El Diablo Suelto"、2003年の作品だ。





邦題「解き放たれた悪魔」なら、このジャケットの図柄も腑に落ちる。
何とも美しい音色で編まれたベネズエラの楽曲集だ。
ギターほどワールドワイドな楽器も少ないと以前教わったが、
同じ弦でも放たれるメロディの随分違うことといったら。

余談だが、もうBOX買いは止めようと思っている端から、
今度JohnのBoxセットが出るのだという。
UKのAmazonならそこそこ安く買えるようだと分かったところで、
とりあえず一呼吸置いてみる。
数日待ってやっぱり!なら、ポチしてみようか。どうしようか。
悩める頭にも優しい1枚だ。
world music | - | - | author : miss key
依存症
ある日のこと。
元プロ野球選手が覚醒剤使用で逮捕されたニュース。
確かに驚いたが、朝から晩までこればかりというのはどうだろう。
一斉に報道されるのはある程度わかるとしても、
なぜこうも猫も杓子も一様に報道騒ぎを起こすのか不思議でならない。
世の中はどんどんと動いているからニュースの題材はもっと他にもあるだろうに。
何かの不都合を隠すために…なんていうのはドラマの見過ぎだろうか。


特定の薬物への依存症について、珍しくもなければ、
かなり身近にもあることを思い知ったのは数日前。
なんとわたしは頭痛薬の依存症であることが判明した。

かかりつけの医師から、
あまりの頭痛やめまいの多さに一度専門医の診断を受けるよう指示された。
CTスキャンは少なくとも MRIよりずっと楽だ。
問診を経ての検査だったが、わたしの頭痛の原因は神経や筋肉の緊張であって、
他のややこしい病気ではないことがはっきりした。
ついでに脳の年齢も10歳くらい若くて、
物忘れを歳のせいにしてはいけないということも分かった(笑)。

ややこしい病気ではないが、頭痛やめまいはやっかいだ。
そこで思わずめまいがした医師の説明はこうだった。
「明らかに頭痛薬の飲み過ぎで頭痛を引き起こしてもいます」と。
確かに薬局で頭痛薬の御徳用サイズを買うのはもう何年も当たり前のことだったし、
常に頭痛薬を携帯しているのも間違いない(電話は不携帯状態だというのに!)。
医師の説明では、一般の頭痛薬使用は月にせいぜい10日までとのこと。
わたしは頭痛薬使用のループから抜け出すために別の投薬を受けることになった。
医師は今ニュースになっている○○さんと同じですねというわたしに、
薬物依存といってもそういうものとは違う点を説明してくれたが、
それでもぞっとする話ではある。
帰宅後、手持ちの頭痛薬は整理し、頭痛がしても飲まないことにした。
やれやれ。

全然違うけれど、一度聞いたらクセになる音楽で週末を締めくくろう。
ベオグラードのロッキン!ロマバンド、KALの2006年アルバム、KALだ。





バルカンブラスをApple Musicでハシゴしていたらたまたま見つけた1枚。
この音楽をどう説明すればいいのか!
こういうとき、語彙や表現が拙いことを嫌という程思い知るのだけれど、
ノリの良い演奏に少々演歌風味のボーカルが乗っかってなんと気持ちのいいことか。
何気にだけれども、こぶしの回し具合につい惹かれてしまう。

さて新しく処方された薬の眠気に負けそうな気配なのでこの辺で。
この寒さの中、健気にも咲き誇る宿根カスミソウから元気をもらって、
明日からまた一週間がんばろう。


D61_6147.jpg
world music | - | - | author : miss key
澄み切った冷たい朝に
木枯らしが吹くというニュースに、思わずカレンダーを眺めた。
気がついたら10月も半ばをとうに過ぎている。
木枯らしというのは11月と決めてかかっていたけれど、
そうか、もうすぐ冬がやってくるんだ。

風邪気味で早寝をしたら、翌朝は4時半過ぎに目がさめた。
たくさん寝られるというのは若い人の特権かもしれないが、
日がだんだんと昇り、空がじんわりと明るくなっていく様は何にも代えがたい。
風が冷たくて一枚羽織らないとベランダにじっとしていることはできないが。

二度寝するのも惜しくて、こんな澄み切った空気に似合う音楽はと探してみたのがこの1枚、
"Buenos Aires Madrigal:Argentine Tangos & Italian Madrigals"。





音の良さで知られるM.A.Recordingsからリリースされているので音は確かだ。
まるでその場の空気が立ち込めてくるような録音に思わず目を閉じる。
大編成でのタンゴも魅力的だけれど、響きをたっぷりと味わえる小編成も素晴らしい。
中にはヴォーカルの入った曲もあって、何というか、ひんやりと熱い。

そうこうしているうちに朝らしい日差しが窓から差し込んでくる。
体をうーんと伸ばしてみればいかにも休日らしい1日の始まり。
いつもは夜聴く音楽も、偶にはこうして早朝に小音量で楽しむのもいい。
秋にタンゴとはいかにもかもしれないが、一聴をぜひお勧めしたい1枚だ。



 
world music | - | - | author : miss key
季節外れだけど
先週、先々週と一週間はほんとうに長かった。
冬休みが暦のおかげでちょっとばかり長かったことが、
これだけ「社会復帰」を阻むとは・・・。

さすがに若い頃のように昼夜逆転したりするようなことはないが、
このなんというか、息の続かない感じはどうしたものか。
食事と睡眠で少し長い目で見ながら調整していくしかないだろうが、
時間の流れについていけない焦りなんだろうか、
どうも普段凝ったことの無い肩までずっしりくる始末。

というわけで、季節外れだけど、
思いっきり気持ちを緩めてくれそうな1枚を。
60年代にブラジルで活躍したコーラス&ピアノトリオのテーハ・トリオ、"Terra A Vista"。


41tYUenpTgL.jpg


このアルバムがすごいのは、そろそろと再生するだけで、
ほのぼのとしたリラックスムードが部屋いっぱいに充満すること。
ボサノバって夏の昼下がりなんかに聞きたくなるんだけれど、
こういう音楽をレコードで聞いたりすると思わずうたた寝しそうなんだけれど、
外は木枯がびゅうびゅうと音を立てて何と寒そうな気配であったのだけれど、
それでもこの週末は彼らの音楽で部屋を一杯にして過ごした。
男声コーラスといい具合に力の抜けたピアノの組み合わせは、
どういう訳かリピートしていても飽きなくて。
嗚呼、明日もなんとかいつもの時間に起きられますように。


 
world music | - | - | author : miss key
Melingo
街の中の飾り付けやすれ違う人の出で立ちに、World Cupが始まったことを知る。
あまりに暑い日が続き始めたので、しばらく伸ばしていた髪をばっさり切ろうと、
出かけたカットハウスもまたブルーに染まっていて、
店長、スタッフともに衣装も決めて、日本の初戦をパブリックビューイングで応援するのだという。

話好きな担当の女性から、サッカーについてあれこれ訊かれたが、
さっぱり疎いので全然噛み合わなかった。
でもおかげでいろいろと教わることができて、
どうにか職場での話題についていけそうな程度になったのがありがたい。

試合が南米で行われているから、というのではないが、
やっぱりこのどっしりと重たい暑さが想像させるのか、
ここ数日、タンゴをよく聴いている。
でも、ゴリゴリのタンゴではなく、こんな洒落たのだったら、
聴いてみたいなあと思う人も少なくないのでは。
Daniel Melingoの最新盤、"Linyera"。





タンゴはラテンの社交ダンスのイメージが強いせいか、
どうも聴いていて体に力がはいってしまうのだけれども、
彼の歌でそんな先入観も一掃された。

オルタナティヴなサウンド、美声ではないけれどセクシーな歌声。
時間帯で言えばやっぱり夜で、
あの埃っぽい暗がりでアンサンブルという感じなんだけれど。

アルバムのラストにはアンビエントな楽曲も収められていたりと、
1曲、1曲はキャラクターの異なるサウンドだったりするのが、
1枚通して聴いてみると、今時のタンゴってこんなお洒落なんだ、って
納得してしまったりする(笑)。

さてこの"Linyera"、うれしいことに2枚組レコードで出ている。
ダウンロード音源のチケットもついてるし、
CDには入っていないボーナストラック2曲が収められている。
もちろん、わたしはレコードで買ったが、
ここのところ国内で出ている反った盤なんか目じゃないほど、
盤のクオリティも良くて◎。

男性ヴォーカルが好きな方はぜひ一聴を。
蒸し暑くて眠れない夜のお供にぜひの1枚だ。


world music | - | - | author : miss key
満開の桜に情熱的なピアノを聴きたくなった
DSC02558.jpg


近所の桜は先日の酷い雨風にも堪えて、満開の日を迎えている。
美しく咲いている時間は思いのほか短いが、
だからこそ、命の燃え盛るような瞬間に立ち会うようで、
ぼんやりと日々を過ごすわたしでさえ、生をまざまざと実感させられる。


51CNnSyYrKL._SL500_AA300_.jpg


少し前に入手していた女性フラメンコ歌手Mayte Martinのアルバム、
"De Fuego Y De Aqua"。
1曲目が少々エキセントリックな調子で驚くも、
2曲目からがほんとの物語、ではないが、
日頃フラメンコを聴かない方でもしっとりと楽しめる曲が並ぶ。

歌唱はもちろん素晴らしいが、
このアルバムで注目すべきは、なんといっても、
しなやかなグルーヴで彩りを添えるラベック姉妹の2台のピアノ。
最近「2台のピアノ」に縁のあるわたしだが、
そうでなくても、時に強く、時に輝かしいまでの光を放つピアノの響きに、
彼の地の陽の光を想像する。

職場への行き帰り、満開の桜の下を歩く贅沢な時間。
部屋に戻って咲く桜の表情を反芻する度にこのアルバムが聴きたくなるのだ。
熱すぎず抑制が効いているところが、一層秘めた情熱を感じさせるお勧めの1枚。


DSC02555.jpg
 
world music | - | - | author : miss key
空気が揺れて震えるのが
この三連休、天気が良かったので掃除が随分捗った。
春先は何かと慌ただしいが、体を動かすこと自体が訳も無く楽しく、
ひとり言の山を積み上げた部屋は澄み切った空気で満たされてゆく。

勢い余って、ではないが、audioのセッティングをやり直してみた。
ものすごく気に入らないところがあったわけではないが、
そうしないと手の届かない、掃除のできないところもあって、
こういう面倒な作業は、やっぱり勢いがあるときでないとうまくいかない。

スピーカーの位置には、少しだけ拘ってみた。
従前の位置は、どちらかというと、聴いていて緊張感が高まるような再生だったが、
音をまるで凝視するような姿勢ではなく、もっとリラックスできるよう、
多少ふくらむところがあってもいいからと、あれこれやってみること2時間ばかり。
そこから音楽を流してみて、いい感じになってきたなあと思ったのが更に2時間後。
こんな調子だから、やっぱり三連休のような余裕のあるときじゃないと無理だ。


さて、再セッティングから3日後。
カレーではないが、ちょっと時間を置いて落ち着いてくると、
いいところとそうでないところがよく見えてくるようになる。
今回、いいなあと思うのは、
楽器の音が部屋をゆったりとたゆたうように響き、
その周囲にある空気の揺れがまるで掴めるかのようで、
それでいて妙な緊張感は感じられないこと。
なので、楽器のソロ演奏とか、部屋の響きそのものが録音されているような、
透明感溢れるアルバムがすごく楽しく聴けて、ものすごくはまる。
装置の上げ下げは筋肉痛の元だけど、やってよかった、うん。

春一番から数えて何番目だろう、外では結構な風が吹いている。
そんなのはおかまいなしに、気分はすっかり北アフリカの街角。
チュニジアのウード奏者、Anouar Brahem率いるトリオの"Astrakan Cafe"。


41mFZdfz95L._SL500_AA300_.jpg


控えめな音量でそろそろと慣らしていても、部屋の空気が揺れて震える。
嗚呼この背筋がぞくぞくする感覚にやられてしまいそうだ。
ECMの盤だから録音もいいのだろうけれど、
このタブラの渇いた音が何ともセクシーで、これもぞくぞくにつながっている。
ウードとタブラへのクラリネットの絡み方がまるで生き物のようで、
なんだか蛇を思わせるなあと思ったら、
他所のアルバム評に同じような感想が出ていて思わずうなづいた。
ほんとうに癖になりそうだ、頭の中が麻薬で一杯になりそうな妖しくも美しい演奏。
world music | - | - | author : miss key