音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
暑さを制するものは

ここ数年、この時期に同じようなことを言っている気がする。

室内の気温、38度!

エアコンがいくら苦手でも、この暑さでは依存せざるをえない。

風が全くないでもないのに、なぜこんなに暑いのか。

来年のこの時期に行われるオリンピック、本当に大丈夫なのか。

人間の限界への挑戦の祭典かもしれないが、

何もこのような季節に、とついこぼしたくなる。

 

これが大昔、子供の時分なら、縁側に座って冷えたスイカを食べるか、

時には氷柱で涼んだりと、夏という季節を楽しめた気がする。

そういえば、職場で氷柱を知らない人が多かった。

この暑さでは氷柱も長い時間は持たないだろうが。

 

暑さを制する音楽、ではないが、FreeのFire and Waterを。

オークションでの数合わせで入手したヒートダメージの安い盤。

これが、確かにノイズの嵐でどうしようもないが、

その向こうに聞こえる音の生々しさに驚き、

きちんとした盤を探して改めて入手、今聴いているのは後者の方。

 

 

 

 

それまではリマスターされたCD音源で聴いていたが、

レコードと比べてみるとCDの方が随分整のったサウンド。

元々がそんなハイファイな録音ではないようなので、

聴きやすさを求めるなら新しめのCD音源が良さそうだ。

 

そう言いつつも、レコードで聴いていていいなあと思うのは、

音楽やるぜと集まったメンバーが発する熱気のようなものが、

音といっしょにモリモリ出てくるところ。

1970年リリースで今年が2019年だからおよそ50年前のレコードだけど、

今目の前で演奏してるみたいな錯覚が起きるのが本当にすごいなあとため息する。

 

正直、革ジャンに長髪に憧れたことなんて一度もないし、

この季節には暑苦しい以外の何物でもないだろう。

でも彼らの1曲、1曲に耳を傾けているうちに、暑いのなんてどうでもよくなる。

というか、そんなことを忘れてじっとレコードを聴いてしまう。

両面で40分に満たないステージ、当時本当にliveで聴けたらすごかったんだろうなあ。

ため息ばかりが床に積もる夏の1日。

pop & rock | - | - | author : miss key
電気が背中に流れるような

もういつだったか、先週のいつの朝だったか。

流れるニュースに思わず目を疑った。

「ピエール瀧、逮捕」のニュース。

その後はそこかしこで滝のごとく流れるニュースやコメント。

電グルの強烈なファンではないわたしも、彼の出る映画はとにかく観てはきたから、

最近の流れでいけば、もう音楽も聞けないし、映画も見られなくなるのかな、と、

朝の朝からものすごくどんよりした気分に襲われた。

 

わたしはLINNのDSシステムに移行してから、特にブツそのものに思い入れのない盤は、

場所塞ぎの解消にどんどん手放してきた。

電グルも何枚か持っていたがCCCDとか、プレーヤーに負担のかかる仕様のものもあったし。

それでも、好きな曲がぎっしり入ったシングル集だけは後にブルースペック盤で再発の際に買い直し、

手元に残ったままだった。

 

 

61xJPGHecNL._SY355_.jpg

 

 

電グル聴いてブルーな気持ちになるなんて、思ってもみなかったな。

事件を起こしたら過去の作品まで全て否定されてしまう。

評価が下がるのではなく、流通させなくするから、

これから聞きたい人は、高額な転売者などから入手するしか手がなくなる。

実際、電グルの主だったアルバムは4、5倍の値付けでネット上に溢れている。

それもニュースが出た直後にいくつかのショップやフリマを見たら軒並みすごい値段に・・・。

 

わたしが大好きなミュージシャンの多くはいわゆるジャンキーで。

Chetなんて際たるものだし(以下自粛・・・)。

時代が違うとはいえ、結果的に高額転売屋が儲かるようなおかしなことになるのなら、

既発の作品は一定の自粛ののちに改めて入手できるようにすればいいのになと感じる。

罪があるからといって、全てを奪い、潰してしまう世の中の勢いに、

まるで地響きの如く成功した者への怨念のようなものが感じられ、

おもわず耳を塞ぎたくなる。

 

わたしのiPod touchに入っていたapple musicの電グル作品も、

すべて消えてなくなってしまった。

好きな音楽はいつでも聞けるように必ず手元に置いておこう。

Singles and Strikesをwalkmanに取り込み直した。

明日はこれを聞きながら元気に出勤しよう。

 

 

pop & rock | - | - | author : miss key
太陽神の逃亡劇

体質が弱いと言われながら一つ一つ階を上り、とうとう迎えたG1レース。

年明けて最初のG1には、平成最後のという冠がつくかと思いきや、

女性騎手が中央競馬に登場して早20数年にして初めてのG1騎乗に沸きに沸いた。

しかも短距離のダートでは連勝中と勢いのある馬で。

本来一番人気の馬がもっと盛り上がって注目されていいのにかなり地味な扱いで、

判官贔屓ではないが、太陽神という名のインティ号に否が応でも力が入る。

 

インティは母キティそっくりの大流星に可愛いらしい眼。

足元の関節が緩いこともあり、レースに出ると傷だらけで苦労されたのだというが、

騎手の談話では、とても楽しそうに走るのがいいとのコメントも見え、

デビュー戦こそ負けたものの、次の未勝利戦から破竹の6連勝でG2競走優勝と、

藤田菜々子騎手の人気に負けない派手な着差のレースぶりから、

正直もっと沸いていいのになあと思ったのだ。

 

ただ今日ばかりは東京の大きなコースでコーナーも1回、

しかも今までの距離より200m短いとなると、

そういう経験でもってG1を勝った馬はこれまでいなかったそうで、

否、そういうジンクスめいたものを打ち破ってきたのがこの人馬なんだろうと、

応援する側が肩が凝るほど力んでどうするとは思ったが、

ファンファーレを聞いて思わず声が出てしまった。

しかしいざ始まってみれば、あれよあれよの逃亡劇で7連勝にてG1制覇達成となった。

 

随分昔のことだけれど、インティのオーナーの方が競走馬の牧場で場長をされている時、

見学で随分お世話になった。

当時活躍していた牧場出身の馬たちの多くはすでに遠い世界に駆けて行き、

牧場自体も確か解散したのだと思ったが、

競馬は賭け事でありながら、そうした繋がりを強く感じることのできる稀有な世界でもあり、

週末になると当たり前のように実況を聞いたりする。

競走馬は様々な巡り合わせの結晶なのだろう、でも今日の競走を最も頑張ったのは他でもない彼自身。

強豪馬に怯むことなく、自分の走りをして見せた堂々の姿にたくさんの力を与えてもらった。

 

そんな良い日だからということではないが、

発売されて間もないテデスキ・トラックス・バンドの新譜"Signs"で1日を締めよう。

 

 

 

 

なんでも彼らは今年6月に来日公演を予定しているのだとか。

ノリノリでさらにこの高揚感。

チーム一体というところも今日観たレースに通じるものがあるだろうか。

今日のレースをもう一度眺めながらあれやこれやを振り返ることにしよう。

 

 

pop & rock | - | - | author : miss key
just once

James Ingramが病気で亡くなったことをSNSの記事で知った。

彼の歌を初めて聴いたのは、Quincy Jonesの武道館公演で"Just Once"を歌った時のこと。

このステージが素晴らしすぎると聞いて、

後に出たLIVE盤のレコードを買ったのは言うまでも無いが、

このアルバムのCDは現在異様なプレミアで手に入りにくいため、

元となったアルバム"The Dude"の方を選ぼう。

 

 

 

 

ラジオでも本作の代表曲「愛のコリーダ」がなんども流れていた。

クインシーの曲というとTV番組の挿入歌でも有名な「アイアンサイドのテーマ」だったので、

その意味でもギャップに驚いていたのだが、

このレコードの3曲目に入っているのがIngramの歌う"Just Once"。

唄の文句はなんともやるせ無いものだけれど、聞けば納得の1曲。

 

 

 

 

素晴らしい歌声だけれども、やっぱりこれで1日を締めるのはやるせ無い。

だからPatti Austinとの珠玉のデュエットで、

同じく彼の代表曲と言えるだろう、"How do you keep the music playing"を。

 

 

 

 

これは2013年、今から6年近く前のライブ映像で、思わずくすっとしてしまう一瞬も、

却ってもう彼の歌を聴けないんだなと残念な思いを募らせる。

今夜はこれら2曲が収められた彼のベスト盤を聴きながら眠ろう。

pop & rock | - | - | author : miss key
A happy new year 2019

いつものようでいて、やっぱり朝がありがたいと感じるのは元旦だからだろうか。

冷たい空気も、だからこそ心地良いと感じられるほどにすっきりと晴れ渡った空。

ぬるま湯を用意して植物に水を遣っていても、

いつもは早く部屋の中に入れと騒ぎ立てるヒヨドリもやって来ない。

(※彼らはパンジーやビオラ、特に黄色の花を啄ばみにやってくる)

静かなのがありがたく、そうは言っても少しばかり寂しい気も。

 

 

冬の休みに聴こうと思ったレコードは、

どういうわけか、どれも2枚組のゲートホールド。

古い盤ではなく、新譜か再発の新品ばかりなのだけども。

その中の1枚は、かなり楽しみにしていたアルバム、WhitesnakeのUnzipped。

 

 

 

 

魅力に溢れたハードロックバンドの楽曲は、メロディラインの美しいものが少なくなくて、

バラードとして描かれた作品ならこうしたアコースティックな演奏がハマって当然、

だから聴く前からこれは絶対間違いないアルバムだってわかってしまう。

アナログレコードは2枚組、そのほかに豪華特別バージョン(5CD+DVD)もあって、

どれを買うか正直かなり迷ったけれど、じっくり向き合いたかったからやっぱりレコードで。

 

年始からしみじみしていてどうするという話もあるが、

年末の慌ただしさを避けて今日までとってあったのが大正解、と思えるほど、

朝の早い時間からすっかり椅子におさまり、身じろぎもせずに聴いた。

といっても、盤をひっくり返すのに3回席を立たなければいけないのだけれども。

 

こうしてみると、夜寝る前の1枚にCDも欲しくなるから困ったものだ。

Whitesnakeを聴いたことのない方なら、逆にこのアルバムから入っても良いのでは、

などとCDも入手する言い訳を用意してしまう(笑)。

胸にこみ上げてくるものを感じながら、今年の盤運を占う1枚に笑みを堪えきれない。

 

***

 

多くの人々にとって、たくさんの幸せが感じられる1年になりますよう。

大きな災害に見舞われることのない1年になることを祈って。

寡作な拙blogをお読みくださるみなさまへ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

pop & rock | - | - | author : miss key
2018

1年の最後の日にまずは反省を。

こんなに多くのトラブルに見舞われる1年も珍しかったが、

便利なネットもパスワード一つわからなくなるだけで何と面倒なことか!

blogがほぼ放置プレイになってしまったのは、

そういう面倒と向き合い、解決しようという根気もなくて、

解決したのがようやくこの年の瀬という訳で。

 

反省:問題は発生した時にきちんと解決しよう

 

ワードプレスというのがいいよと教えていただいたが、

わたしにはとんでもなく気の遠くなる作業で、

最初のハードルが高いものは、今のわたしには不向きだと思い至った。

もっと書きやすい(管理しやすい)blogソフトがあれば助かるが、

パスワードの再設定が何とかできたので、よしとしよう。

 

 

 

 

さて、音楽について。

Tidalを使って、あれやこれやと聴いてみたが、menuの使い勝手に馴染めず、

やはり、従前からの「探し方」が良いと思った。

迷いながらも、ふと行き当たったところに面白い音楽がある。

残りの時間を意識しつつも、それで良いのだと納得した。

それに、レコード盤の手触りというか匂いというか、そういうものをひっくるめて、

わたしには音楽だった。

ボロ切れのように疲れて部屋に帰り戻ってきて、目が閉じる前の一瞬に、

手元のジャケットをちらと眺めるだけで、笑みが戻るのがわかる。

ましてや音が出るのだから、やっぱりレコード万歳なのだ。

 

この1年、事務所での滞留時間がやたらと長かった。

それに負けじと映画を見たが、映画をこれでもかと見まくったのは、

再生環境が一層整った影響も大きい。

人の声があたたかく、肉感に満ちている。

再生環境がないと作品の良さがわからないというのではなく、

良い再生環境のもとならより楽しめる、それを素直に受け止めたい。

 

 

 

 

区切りを感じることの少なくなった生活のなかで、

1年間に聴いたもの観たものを一気に振り返るのはなかなか難しい。

備忘の意味でこうしてネット上に書き残すことが本当にいいのかどうか、

迷うところもあるけれど、

空間に投げ出されては消えていく、例えば部屋の中での発話のように、

URLという地番にのみ繋ぎとめられてつながっていく頁の束が、

ひょっとして何某かの意味を持つかもしれないと少しだけ期待して。

 

今年最後の1枚は、カーペンターズのwith RPO盤を。

 

 

リチャード・カーペンターによる指揮・アレンジとのことだけれど、

手持ちのどのアルバムよりも歌声が濃厚で芯を感じる。

CD音源での再生だが、2月にリリース予定のLPだとどうだろう?

同様の企画(with RPO)でビーチボーイズもあって、

こちらはapple musicで聴いてみたがカーペンターズのアルバムとは少し違う感触だ。

ともあれ、年末の大寒波そっちのけに部屋がぐっと暖かになる1枚。

1年の締めくくりにもぴったりなアルバムだ。

pop & rock | - | - | author : miss key
銀の時代

今年は予定を立てるのがいつにも増してうまくいかない。

せっかくの夏休み、連続で取らなくても良いが(連続で取りたくても取れないが)、

今月末で期限切れとなるからなんとしても取らなければ。

 

ネコのひたいのベランダでは限界があるからと、植物園巡りを計画したが、

決行するぞと意気込む度に10年ぶりのとか冠がバンバンつくような台風が来るし、

これを夏バテというのかと実感の疲労の塊に足をすくわれたりで、

せっかくの土日も幾度も軽く棒に振ってしまった。

 

そこで我らのTSUTAYAではないが、ご近所のお店に行ってみれば、

今月で閉店しますとの看板が。

全国のそこここで店舗を撤退とニュースで見たが、身近に起こってみればその重みもひしひしと。

一つ飛んで隣町にもあるからいいけれど、ああこの寂しさといったら。

ネットが便利になり、なんでもストリーミングで手軽に見られる、聞ける便利さが、

こうやってボディブローのように効いてくるよ、嗚呼。

 

寂しさをゴマかすことはできないが、ちょっとノスタルジーに浸ってやろうではないか。

今年2018年でなんと35周年という(もっと行ってるかと思ったの意)、

ロシアのロックバンドNautilus Pompiliusのベスト盤をのんびり流した。

 

 

 

 

"Серебряный век"(銀の時代)というネーミングを見て察しの良い方なら、

金の時代は?と思うでしょう、はい確かに出ています、ご名答。

金銀とも同タイトルのCDは別ジャケで出ているが、曲構成は全然違っていて、

わたしが聞いているこのノーチラスジャケのものはApple Musicで登録されているもの。

Apple...のアルバムで言えば、金より銀の方が断然好きな曲が詰まっている(単なる好みだが)。

 

"На берегу безымянной реки"(無名の川の畔に)という曲がある。

おとぎ話のような出だしで始まるこの歌は、いつ初めて聞いたんだったか。

ちょっと急ぎ加減でセンチメンタルなメロディは、短いだろうロシアの秋にはピッタリ。

東京のそれは、最近は秋なのか何なのかわからなくなってしまって残念だが、

目を閉じれば子供の頃、当たり前のように体験した黄金の秋が蘇るさ。

 

 

 

 

まるで悪あがきのような残暑の鬱陶しさもようやくとベランダで涼んでいたら、

大粒の雨がぼつぼつと落ちてきた。

ノーチラスはいいなあと若い頃もしみじみと聞いていたけれど、

気分で言えば、こんなにいい曲だったんだと当時以上にしみじみと聞いている。

いい歌、メロディは時も場所も超えて心に飛び込んでくる。

いい歌にどんだけ出会えるか、生きてる実感のバロメーターになるような気もしている。

今夜も地味にノーチラスメロディーで過ごそう。

 

続きを読む >>
pop & rock | - | - | author : miss key
Cat's In the Cradle

異様な猛暑、急激なクールダウン。

自律神経が悲鳴を上げるのは無理もない。

朝晩の通勤時間帯、ちょっとしたことで声をあげたりぶつかったりする様子にも、

夜まともに眠れなくて苛つく人がいてもおかしくないなと思う。

 

おかしなカーブを描いての台風通過、雨風が窓を打ち付けたのが昨日、28日の午後。

突風とともに小さな鳥が窓にぶつかりそうな勢いで飛ばされてきた。

いつもうちにやってくるヒヨドリのよう。

無理に捕まえにいって怪我させてもいけない。

窓越しに眺めていると、ベランダの縁の影にうまくうずくまり、じっとしていた。

翌朝見てみたらどこかに飛んでいったのか、すでにおらず、ほっとした。

と同時に、あんなに小さい体でもうまくやり過ごしてることに少し考えてしまう。

 

せっかくの週末だから日頃できないことをすればいいのに、

先々週あたりから続く妙な頭痛が気になって集中できない。

かといって全く音がしないのもちょっとなと思って流してみたアルバム、

1976年リリースのHarry ChapinのLIVE盤。

 

 

 

 

Harryはアメリカのシンガーソングライター。

温かくトゲのない、カントリーに合いそうな歌声。

彼の歌を知ったのは、Elton Johnを聴くなら好きかも、と勧められてのこと。

フォーキーなサウンド、さらっと聞き流していると、

CSNとか好きな私向きだよ〜オススメ大ヒットだなとごちただけだったが、

よくよく歌詞とか聞いて調べてみると、胃の下あたりにずっしりきた。

"Cat's In the Cradle"、彼のヒット曲の1つ、

なんということのない特別でもない風景からずしりとくるメッセージ。

今彼が私の住むこの国を見たら、なんと歌にするだろうか。

残念ながら、彼はこのアルバムの5年後、事故でこの世を去っている。

 

とここまで書いて外を眺めたら、ずいぶんと良い風が入ってきた。

明日からはまたきっと暑いんだろうな。

やる気のなさを暑さのせいにするのは、

やっぱりよくないよね、反省。

続きを読む >>
pop & rock | - | - | author : miss key
紫陽花の咲く今からもう台風が

今年は春一番だか二番だか知らないが、やたらに風の強い日が多い。

ベランダで細々とガーデニングしていると、雨よりは風の方が気になる。

葉や花が傷つくだけでなく、体力も消耗するようで、

天気が回復した後、あのぐったりとした植物の様子を見るのは本当に鬱になる。

日当たりや風通しは引っ越しの際に吟味したが、以前より1階層上になるだけで、

こんなに風当たりが強いとは。

 

なので、今は残念ながら枯れてしまった鉢植えの補充はせず、

だんだんと寿命に合わせて鉢数を整理し、

1つ1つを丁寧に育てられるよう、調整期間だと思ってやっている。

そんな中、台風が。

今回はうまく土日に当たってくれたため、準備も十分にできるから助かった。

背が高く、細い枝の多いバラはできる限り室内へ移動。

それ以外は風の直撃を避けられる位置に低く寄せた。

先日の春一番時よりはずっといいだろう。

朝起きた時の、そこここに散らばった若枝の無残な姿を二度と見たくないから。

 

 

さて、作業も一通り終わり、明日からまた月曜と思うとこれまた鬱になるが、

少し気分を変えていきたいからと選んだのがFleetwood Macの25周年記念盤。

 

 

41qwRjtsZAL.jpg

 

 

正直、音質はごく普通だけど、バンドの長い歴史の中、

色とりどりの世界を見せてくれる彼らの音楽をざーっと俯瞰するのに便利な4枚組。

彼らのグルーヴ、気持ちを無理に上げることなく、いい感じにまとめてくれる。

ほんとはこんな酷い天気ではなく、

晴天の昼下がりに涼しい風がゆるっと窓から入ってくるような休日に聴きたい。

昔のことを昔と言わず、映画でも見るような体で思い出しながら。

せめて紫陽花の写真を貼っておこう。

 

 

 

pop & rock | - | - | author : miss key
Turning away

ぼんやりと画面を眺めていたら、気になる動画が。

ああ、ものづくりっていいなあとしみじみ眺めてしまった。

 

 

 

 

年末年始と思わぬ体調不良、否、わかっていても止められない夜更かしのせいで、

幸か不幸かすっかりインドアな日々。

新譜を探すのも億劫なほど怠いわたしの目が思わず覚めたほど。

 

動画の内容はさておき、そのBGMに思わず心惹かれた瞬間。

遠く懐かしい響きに歌声、動画からは曲名もわからなかったので、

動画の主、スコットランドはaudioメーカーのLINNに直接お尋ねして分かったのが今日の1枚、

英国のSSW、Dougie MacleanのTurning away。

 

 

 

 

ここしばらく映画音楽にどっぷりで、寝ても覚めてもだったので、

これだけシンプルな構成の音楽を耳にするのも久々だから、

素朴な歌声への渇望があったのかもしれないが。

ああこれで、本当の2018年の初日が出てくれれば言うことなしだと思いながら、

とりあえずはapple musicでこの曲をリピートしている。

 

社会復帰ままならぬ連休最後の夜。

風邪は耳もだめにするので気をつけなければ。

観たいもの、聴きたいものが多すぎる。

時間をどう生み出すかが勝負の1年の始まり、始まり。

pop & rock | - | - | author : miss key