音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
Never let go

もう先々週のことになるが、インディペンデンスデイの新作を観てきた。

ずいぶん前の一作目と、ほぼ出演者が踏襲された形での演出に、

妙にリアルで怖くも面白くもあった。

 

 

DSC03235.jpg

 

 

ここのところ、梅雨も明けないのに涼しい風が吹き、過ごしやすいことこの上なし。

だけれども、地震で部屋が度々揺れるのには、そろそろ大きなのが来るのかと、

せっかくのいい休日なのに、どことなく落ち着かないでもいる。

 

なんだかものすごく久しぶりにCamelを聴きたくなった。

彼らのアルバムは1、2枚しか知らないけれど、一度聞いたら忘れられないような、

メランコリックでいながら力がこもった素敵な曲がいくつかある。

 

 

 

 

Never let go ってどんな意味だろう。

歌詞をぼんやり追っていると、自ら事を投げるなという意味なのかなと。

最近いろいろ悩むことが増えてきたが、まだまだ投げる時機ではないなと。

一呼吸おいて、思い直してみる、そんな毎日が続く。

まだ秋でもなかろうに、ついそんな気にさせる重たく冷たい風の休日。

pop & rock | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>