音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
TVを買い換える

8年少々使ったTVを買い換えた。

本当は部屋の主のように大きな画面が嫌で、もっと小さいのが欲しかったが、

小さいと、思ったような画質のものがなかなかなくて、

結局、8年前に当時プラズマで一番小さいのを買ったときと同じようなことに。

 

画素数が一気に10倍くらいになったせいで、

あるいは古いメディアのデータもうまく変換してくれるおかげで、

Blu-rayで映画を見ていると、これぞ隔世の感といったところだ。

もっと早く買えば良かったと、何を買い物してもそう思うのだが、

ちっとも学習しないというか、生来の貧乏症のせいか、

いいタイミングで欲しいものを上手に買えなかったりする(苦笑)。

 

 

さすがに手元のあれやこれやの作品を見直していてどっと目が疲れたので、

(画面は綺麗だけれども、あまりに釘付けでガン見してしまうせいで)

肩の力が上手く抜けそうな1枚を流そう。

"Brass Noir"、バルカンブラスのかなり豪華なオムニバス盤だ。

 

 

 

 

同じ楽器でも、こんなに違った響き、違った空気を生み出せるなんて。

吹いてくる風に土の香りがほのかにする。

ボバン・マルコヴィッチ・オルケスター、そしてファンファーレ・チョカリーア、

フランク・ロンドン・クレズマーズ・オールスターズ・・・。

 

バリバリのバルカンブラスはちょっと、という方にも勧めやすい曲構成。

歌物も少し入って、なかなかにメロディアスで、

それでいていかにもそれな雰囲気はたっぷりで。

 

蒸し暑い時の音楽ではないかもしれないが、

今日のようにいきなり大雨の後、いい風が吹く夕暮れなどは、

鄙びた音色に浸ってぼんやりするのもいい。

これから本格的な夏だというのに、もう晩夏な部屋の空気をどうしてくれようか。

まあいいか、寝るまでまだまだ時間がある。もう1回リピートしよう。

world music | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>