音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
台風前の冷たい風に癒される

ここのところ台風が連続してやって来ている。

大雨も大風も決して歓迎はしないけれども、

やってくる前の、このなんとも言えない風の冷たさが、

なかなか終わってくれない夏の疲れをどれだけ癒してくれるか。

子供の頃は、そんなことを感じも思いもしなかったけれど。

 

今朝は早くからレコード三昧だ。

不思議なものであんまり暑いとレコードをゆっくり聴く気がしない。

別に管球アンプ使っているわけでもなし、レコードプレーヤー回すと暑いとか、

端的に思い当たることはないけれど、単に気持ちの余裕がないということか。

 

いよいよ、というか久々というか。

Johnny Hartmanの歌声でさらに癒されよう。

コルトレーンとのコラボレーションアルバム、"John Coltrane and Johnny Hartman"。

 

 

 

 

声ってほんとうに持って生まれるものなんだなと痛感させられる。

歌の上手下手の前に、

すでに多くがそこで決まってしまっているといっても言い過ぎでないような。

特にこのアルバムは、聞き手への贈り物のようにいい具合にまとまっていて、

聴き始めるとあっという間に針先は中心へと吸い込まれていくような気配が好きだ。

プレーヤーはどこまでいっても1つの装置であるかもしれないけれど、

いいレコードをかけているときは、何とはなしに、プレーヤーの機嫌も良さそうに見える。

思い込みなんだろうけれど。

 

+++

 

秋から冬にかけて部屋でちんまりとレコードを聴いていると、

うちの装置は少々大げさになり過ぎている気もしないでもなかったりする。

もっと年取って、その時にやっぱり音楽を聴いているならば、

管球とユニットの少ないスピーカーで、

思いっきりシンプルな装置にしてもいいなと思ったり。

 

+++

 

冷たい風といったけれど、今日はちょっと寒すぎるくらいで、

こうしてだんだん秋に近づいていくんだなとは思うけれど、

気温差に体がついていけてなくて、ぼんやりしてしまう。

まあいいか、今日みたいな日は何もせず1日中レコード聴いて終わってしまっても。

夏バテを理由についつい自分に甘くなる天気今ひとつの日曜だ。

others (music) | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>