音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
空気が冷たくなると歌が聴きたくなる

もうそろそろ苗を買いに行かないと秋冬ものが手に入らなくなる。

重い腰を上げてバスを乗り継ぎ、売り場がまるで農園のようにも見える園芸店へ出かけた。

途中のターミナル駅は催事の人だかりで大混雑。

昼時だったからか、バスもかなりの混雑で店に着いた時は本当にほっとした。

文字通り、蝶や蜂が飛び交う都会のオアシスだから。

 

売り場を大きく占めるのはガーデンシクラメンと呼ばれる小ぶりのシクラメン。

色や花びらの形など様々に手に取られるのをそっと待っている。

わたしはというと、うまくいくかどうか、原種シクラメンを1つ、

それから他にはこの春夏で2年目、3年目を上手く越させることができなかった花を、

リベンジの如くカゴに入れた。

 

同じ花でも1年草と宿根草との違いがよくわからないものもあるが、

雨の多かった時期に水のコントロールが上手くいかなかったこと、

高層のベランダでの温度管理がまだまだ掴めていないことが主な原因で枯死させた。

例えばそれは、共に暮らした犬が死ぬのとは全く違う感覚だけれども、

死なせたということに違いはなく、こぼれ種から芽吹く様子などを見ると、

嬉しい気持ちとは別の、少し複雑なものが心の隅に残ることも確かだ。

 

土曜の午後、苗を持ち帰り、一晩休ませたところで、翌日曜に植え付け作業。

「先輩」が使っていた鉢をそのまま使うも、土は新しくした。

手袋のままだとまだまだ細かな作業が上手くいかず、ついつい素手で。

終わった頃には爪が汚れてしまう。それで爪を切るとしっかり深爪に(苦笑)。

 

この秋、殊の外嬉しかったのは、もうだめかと思ったバラが秋の花を見送って、

少しずつ新芽を出し始めたこと。

根の癌腫にかかってしまい、今年の植え替えの際に思い切って罹患部を切り取った。

春はそれでも1輪咲いたが、夏を越すもどんどん調子が衰え、葉もわずか。

次々と枝が枯れて茶色になり、さすがにもうダメかと。

次の剪定はせず、力をできるだけ温存させていこう。

なんとかこのまま持ちこたえてくれるよう祈るばかりだ。

 

さて、ひと作業終えた後の1枚に、George Ezraのアルバム"Wanted on Voyage"を。

 

 

 

一度聞いたら忘れられない声。

一体どんなベテランが歌っているのかと思ったら、

彼は93年生まれの英国のシンガーソングライター。

目を閉じると広がるは果てしない田園風景。

力強くて、それでいてブルースしている声、気持ちいいほど鳴ってるギターの音色。

英国というとJamie Cullumが出た時も随分衝撃を受けたけれど、

声の力って本当にすごい。

音楽を一層熱く深くする。

 

今日もいい1日、いい週末だった。

記念にうちのバラを載せておこう。

 

 

D61_7440.jpg

 

pop & rock | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>