音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
2016 Japan Cup

 

 

今年という1年はいつになく時間が経つのがゆっくりだと感じていたのも束の間、

2016年もとうとうJCの季節になった。

レース前日は寒いながら素晴らしい晴天で、

せっかくだからと植物園に出かけたのだが、電車がこんなデザインに!

(他にアルカセットやランド、ショウナンパンドラが。

 反対側にはひょっとしたらディープインパクトが描かれていたりしたんだろうか)

 

 

先日の雪の影響で、わずかに残ったバラの花は相当に傷んでいた。

それでも健気に咲いていて、バラの芯の強さに励まされる。

 

今年は難しい天候だったせいか、紅葉らしい紅葉をなかなか見ることができないが、

それでもこの園の楓は鮮やかに色づいて、朝早い時間帯なのにこの辺りには結構お客さんがいた。

 

 

 

 

サクサクという落ち葉の絨毯を踏みしめる音が好きだ。

この時期は色合いも濃厚で、冬になりきった頃の枯葉色とはまた違った趣だ。

2時間ほどゆっくり散歩し、写真を撮り歩いたりしていたらもう昼。

混まないうちに帰ろうと、さっきのラッピング!電車を楽しみにしていたら、

帰りは普通の絵柄の車両で残念。

 

***

 

さて、今日はJC本番、外国からの参戦は少々低調な感じも否めないが、

今日こそは観ていて気分スッキリのレースをと念じるようにしていたら、

このレースで歴代3頭目の逃げ切り勝ちを収めた、強い馬の強いレースに終わった。

 

馬主さんの喜びの声とあの歌声を聞かれた方が羨ましい。

否、この寒い中、レース後も競馬場に残っていたのだから、

テレビ観戦のわたしが言うことではないけれど。

 

何にせよ、先週の空気がガラリと変わるようなレースで本当によかった。

この清々しさは何にも代えがたい。

人混みや雑踏がつい億劫で出かけなくなった競馬場、

また行ってみなくてはと思った日曜の夜だ。

よもやま | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>