音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
去年最後のジャケ買い

ジャケ買いは楽しい。本当に楽しい。

ハズレも当たりもあるし、

買い続けて当たりの率が上がるとも思えないけど、

この図柄のジャケットのレコードに、こんな音楽が入ってる

そのことを知るだけでも十分楽しかったりする。

 

2016年最後のジャケ買いはMax Regerという作曲家の作品集。

どうやらCDは出ていない様子。

 

 

 

 

チェロやピアノの弾き手も全く知らない。

なんだろう、この黄色い丸は。

黄色とグレーと、白い文字の具合や調子が何とも好印象で、

知ってることのほとんどないレコードだったのに、これが欲しいと思った。

だから、ジャケット載せてくれているお店での買い物は、

ちょっと怖いがやっぱり楽しいのだ。

 

 

 

 

 

チェロの演奏者、Rama Juckerはスイス出身の演奏家で手に入る音源はこのレコードのほかに数枚。

芯があって艶やかな弦の響きは新年に相応しい。

キリッとした空気の快晴の早朝ならなおさら。

 

Regerという人の作品は、オルガン曲がすごく有名とのこと。

Youtubeで聞いてみると、部屋の空気がぎょっとするほど重たくなる曲も。

それと比べてこのレコードの作品はどれもとても聞きやすく、

ゲンダイ音楽では、と腰が引けてしまう向きにもお勧めできる室内楽の1枚だ。

 

去年はレコード店に物色偵察に行く機会が極端に少なかった。

やっぱり足でかせがなくてはいいレコード、楽しいレコードとはなかなか出会えない。

それではいかんと反省した正月休み。

今年もおーと思わず声が出るようなレコードとたくさん出会えますように。

 

 

レコードの話 | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>