音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
冬競馬

今日は少し嫌な予感がしていた。

だから中継を見ることもせずぼんやりしていたのだけれど。

冬の競馬は地面が硬く締まるせいか、或いは寒さのせいなのか、

事故が多いような気がする。

小さい頃からの記憶を辿ると、

転倒などのシーンは乾いた空気と枯れ芝の色と共にあるのがほとんどだ。

 

シングウィズジョイという一頭の競走馬。

母系にシングライクトーク、シングライクバードと、代々Singが入っていて。

秋に大きなレースであと一歩というところまで来ていたが、

とても残念な結果になった。合掌。

 

 

DSCF2480.jpg

 

 

 

よもやま | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>