音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
とっちらかった

特にこれと意識せず押した更新ボタン。

LINN DSのKonfigで、ファームの更新お知らせが出ていて、

頻繁だなと思いながら、いつもポチッとやって悪いことは何もなかったから。

それが。

突然音が出なくなり、シーンとする部屋の静かなこと。

 

装置を壊したのではないだろうとは思いつつ、

あまりの静けさにわたしの頭はどんどんとっちらかる。

初期化の作業などいろいろ試みるも、多分何かが違ってうまくいかない。

功を奏さない。

 

悪あがきは早めに止めて、いつもお世話になっているお店のスタッフにヘルプ要請、

早々にトラブルシューティングのご教示をいただいて無事復旧した。

手順を教わってからたったの20分。

わたしの「悪あがき」は2時間ほどだったけれど、

悪夢の2時間だったのでなかなかその夜は寝付けなかった(笑)。

 

 

 

 

うちのaudioは半分、いやそれ以上、コンピューターのような気がする。

厳密な意味ではなくて、ソフトでコントロールされているという点で。

昔の装置は、部品がたくさん繋がっていて、それのどこかがおかしくなると、

妙な音がしたり、熱を持ったり、予兆というものがあったような気もする。

しかしうちの今の装置は痛い、かゆいの文句一つ言わず、唐突に静かになる。

あなたの使い方が悪いと言われているような気がするのはきっと気のせいだ。

おそらく彼らにはそっと叩くとか、そういう対処も効かないだろう。

何にでも感情移入するかのごとく付き合おうとするわたしには、

ほんの少し、「彼ら」との距離を感じる瞬間だ。

 

それはさておき。

 

とっちらかっていたのはわたしの頭だけではない。

NASに収められていた大量のデータも、そういえば2台のHDDから移行した後は、

ライブラリの表示にも随分おかしな、いかにもとっちらかった表示がいくつも出ていた。

なので、かつてはボタン一つで出来たデータベースの再構築を何とかやって、

そのとっちらかり具合もすっきりと収めることができた。

 

作業の後のお茶は美味い。

 

BGMに久々のSilvestrovを。

 

 

ECMから出ているアルバムは、眺めて楽しみ、聴いてさらに楽しめる、

1枚で2度美味しい楽曲集だからすごく好きだ。

いつかこんな写真が撮りたいと思いつつなかなかそれは無理なことなのだけど、

こうして美しいピアノの響きを聴いていると、

細かいことはもうどうでもよくなっている。

 

 

ファームウェアの入れ替えを何度となくされたわたしのaudioは、

復旧後は少し不機嫌なようだった。

サリサリとしたほんの少しだけどささくれ立ちのようなものを感じたけれど、

こうしてきれいな響きのアルバムを流しているうちに、

違和感も綺麗に何処かに消え去って、いまはいつもの響き、いつもの部屋だ。

 

最近の、とは言わないけれど、自分で選んだaudioだけど、

実はよくわかっていないことが今回のことでよくわかった。

これからもずっとお世話になるのだから、もっと相手のことをよく知ろう。

ちょっとした勉強とか、ついおろそかになっている。

歳のせいにはすまい。

ちょっと口元に力の入った夜だ。

 

 

others (music) | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>