音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
突然発作的に

突然何の脈略もなく発作的に聴きたくなる音楽がある。

iPadの画面を眺めながら、あれ、これ、と聴いていたら、

目に留まった1枚、 YMOの「増殖」。

 

 

 

 

最初は紙ジャケCD化された時の音源で聴いていたのだけれど、

やっぱりこれでなくてはと思い立ってレコードを引っ張り出した。

ダンボールの台紙に枠が作ってあって、

そこに10インチサイズのレコードが収まっているから、

棚に並んでいてもすぐに見つかるのがいいところ。

それについでに思い出したが、これがわたしの初10インチ。

 

早速比べてみよう、と一押しのNice Age。

もちろんレコードでの再生の方がナローだし、

CD音源の方は確かリマスターされてたと思うけれど、

この楽しさは一体なんだというくらいレコードの方が面白い。

YMOの楽曲は、特に散開するまでのアルバムはどれもレコードの方がずっと楽しいのはなぜだろう。

 

残念なのは、今はもう結構な時間で夜も更ける真っ最中だから、

Nice Ageの音量をぐっと上げるというわけにもいかないことだ。

昼の最中にこのことに気がつけば、件の運動不足も解消できたかもしれない。

 

桜が咲いていると耳にして出かけてみたら、それは杏の花だった。

なんともチグハグな三連休、さあいよいよ春だと思わずにいられない。

この落ち着きのなさ、事故にでも遭わなければいいのだが。

pop & rock | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>