音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
Babel

GWの初日、どこにいっても人混みで凄い事になっているだろう、

そうわかっていても、重い腰があがることなど滅多にないから。

朝起きていい天気だったので、いそいそと荷造りし、上野へ。

上野で丸1日過ごした土曜。

 

 

 

 

まずは東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展へ。

ただいま混雑中、という案内を横目に見ながら、早速企画展エリアに。

この日のために買ったパピリオという50cmまで焦点の合う双眼鏡を携え、

いざ、いざ。

 

時系列に展示された当時の作品に、あの奇天烈というか、一度見たら忘れられない、

Hieronymus Bosch(Amazonオリジナルの刑事ドラマではなく)の作品がなんとも。

あまりの観覧者の多さにじっと立ち尽くすわけにもいかず、

蟻より遅い歩みにも苛立つことなく、じりじりとこれという作品に迫り、

離れるのを惜しみつつ、どうしてもの場合は一旦列から離れて双眼鏡を覗く。

否、最接近でもつい覗いてしまう。裸眼はとうに老眼がひどくなって、

あの館内の暗がりでは辛いので。

 

パピリオパワーでもって、ああ一度こうして覗き込むようにしてみたかったよ、

というのをやっと実現できた。

好きな絵は頭に入っているので、もちろん全体を焼き付けるようにして眺めてもみたが、

細部のディティールを、画集ではなく本物で凝視してみたかったのだ。

 

それにしても、バベルの塔よ。ああ、塔よ、塔よ!

絵に見入っていると、否、魅入られていると、

わたしの体がすうっと小さくなって、一つの窓に吸い込まれていく。

レンガが下から上に揚げられる様など、一体その時代にどうやって思い描いたのか。

人間の想像力ほど無限のものはないと、打ちのめされるほどの圧倒力で迫ってくる。

そして、ブリューゲルの絵に共通の、独特の彩りの美しさ。

解説コーナーでは、素晴らしい映像も用意され、なんとも贅沢に尽きる展示だった。

 

来年初頭に予定されている本格的なブリューゲル展、嫌が応にも期待せずにいられない。

長生きはしてみるものだ、これまではヨーロッパを転々として観て歩くしかないと思っていたのだが。

 

特設ミュージアムショップで図録やその他お土産を買い求め、かなりの荷物の量になりつつ、

次は国立科学博物館の大英博物館展へ。

荷物を一旦コインロッカーへ預ければ良いものを、やはり人混みに圧倒され、否、

どうしても早く見たい展示があって、気が逸るものだから、

重たい図録や何やを抱えつつ、またしても蟻の歩み状態の観覧へ。

これという展示の前は、なぜかあまり人気がなく、一瞬ではあったが独占状態に。

目の前に確かに展示された銀色の昆虫、生きているのを当時見て捕獲した人はどう思ったのだろう。

 

数時間に及ぶ「筋トレ」状態を脱するべく、博物館の企画展を観た後は素直に帰宅した。

それでも丸1日上野公園のあたりで過ごしたのは一体いつ以来のことだろう。

緑が多く、そういえば東照宮のぼたん苑を見る余裕がなかったのは少し残念だ。

 

今こうしてBabelの図録を見ていると、もう一度見にいこうかとも思う。

ブリューゲルの作品には、眺めて考えて、そして絵を覗き込むあまり、その絵の中に吸い込まれてと、

一度で三度美味しい愉しみが充満している。

その世界の一つのきっかけとなったのであろうBoschの作品を見ていて、

きちんと聖書を読んでみようかと思った。

思えば去年の今あたりはそういう心の余裕など全くなかったが。

上野での展示は7月2日までやっている。やはり、もう一度行こう。

 

 

live & イベント | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>