音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
TIAS 2018

 

 

今年もなんとか東京インターナショナルオーディオショウに出かけることができた。

こういう記事を書くと、

「装置よりも音源にお金をかけたほうが幸せになりますよ」

といったメッセージが届いたりする。

だけれども、

オーディオをつくる企業の数、設計者の数、そして個々の製品の数だけいろんな音があり、

ことばで表すことがとても難しい、相手に正確に伝えるのが難しい音だからこそ、

自分が欲する音、その音で音楽が聴ける装置を探し出すのに、

(否、探し出せなくてもそれに近づくために)

こんな良い機会はないと思いながらあちこちのブースに出かけて楽しんでいる。

お店とは違い、「作り手」の側の方、設計者の方などが直接説明に出向いていて、

自らの手で生み出した製品について語る様子の瞳の輝きが、

わが子のことを話す親のようで、ただ話を聞いているだけで温かい気持ちになる。

 

例年と違うのは、残念ながら権利関係の問題で、

製品紹介に使われた音楽のリストが配られなかったことだ。

またリストでなくても、デモンストレーションの中で曲名やアーティスト名に触れるのも、

気を遣われているようで、

何曲かは、後日ディスクを入手するために訊いておきたかったが、少々気後れした。

 

そんな中で、とあるブースで紹介していただいたピアニストの音が、

どこかで聞いた覚えのある音なのだけれど、と気になって調べてみたら、

春先だったか観た映画のサントラでの演奏がその彼だった。

84年アイスランド生まれのピアニスト、VÍKINGUR ÓLAFSSON(ヴィキングル・オラフソン)。

 

取り急ぎ既発のアルバムを調べてみたら、まだダウロードでしか入手できないBachのEPが。

これがわたしの思うところの北欧の空気、透明感があるのに重々しい曇空のようなアレンジで、

すっかりハマってしまった。

ドイツ・グラモフォンからこの10月にリリースされたばかりのBach Reworks (Part1)だ。

 

 

4835832.jpg

 

 

パート1だからパート2も出るのかと早くも期待がコップから溢れそうな1枚。

この1つ前にまとまったBachのアルバムも出ていて、

こちらはCDだけでなく、アナログレコードも発売されている。

もちろんこちらはLPでオーダーしたが届くのは週末になりそうで、

そろそろ暖房が要りそうな夜のひとときに待ちきれないアルバムだ。

彼のアルバムはApple musicで一通り聞けるが、音質がいまひとつなので、

やはり最低でもCDかレコードで聴きたいところ。

 

件の権利関係、確かにわかるのだけれども、

スマートフォンも持たず、即検索とはいかないが、

わたしのように気に入ったアルバムから同じ演奏家のアルバムにと、

相当買い込む人間もいるから、

来年のこのイベントまでにうまく物事が解決するといいなと思う。

 

そう、TIASの後はあれやこれやとCDやLPを探し、それなりの散財が待っている。

これもまた楽しいイベントということで、来年11月を楽しみにしたいと思う。

audio | - | - | author : miss key
<< NEW | TOP | OLD >>