音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
Arrival

ここ数週間、もう次はないのではと思うほど濃密な音楽体験が続く。

ことばにすることで却ってその濃密さに綻びが生まれそうで、

口からあの溢れんばかりの熱が溢れでそうで、

真っ白の紙の上に文字を落とすことすら躊躇われる。

 

***

映画「Arrival(邦題:メッセージ)」を観た。

狐につままれたようなあっという間の2時間。

頭の中にぽっかりと浮かぶキーワードとキーワードが結構な時間差でもって繋がっていく。

繋がりと繋がりがさらに繋がってゆっくりと空間を埋めていく。

 

Johann Johannssonという音楽家の作品を意識的に聞いてきたことはなかったが、

一聴して思い浮かんだのは、Sigur rosの1stアルバム。

仄暗い空間から温かなものが浮かぶようにして現れる、あの空気感。

いずれもアイスランドの出身とわかると腑に落ちたというか、なんというか。

 

 

 

 

部屋を真っ暗にして、そう、できるだけ真っ暗にして、

隅に優しい灯りを1つ。

それからそこそこの音量感でしっかりと部屋に音楽を流す。

音を部屋に溜めていって、その中にすっぽりと体ごと埋まってしまうような聞き方がいい。

 

何かの先入観でもってわかろうとしない姿勢が、

ある音楽をこれほどまでに楽しくさせるのだということを、

こんな歳になってから知ってどうせよというのか、というくらい、

この没入感は他に代えがたいものがある。

 

結局、この映画の映像ソフトもOSTも揃えてしまった。

観て聴く度に心の中に新たな風が生まれては消える。

監督はDenis Villeneuve、あの待ち焦がれたBlade Runner続編の監督でもある。

ことばで伝えなければこんなblogの意味がないことは百も承知ながら、

Arrivalはぜひ観て聴いてみて欲しい、

それが人のこころという千差万別の鏡に一体どう映るのか、わたしは知りたい。

cinema & Soundtrack | - | - | author : miss key