音の快楽的日常

音、音楽と徒然の日々
Time waits for no one

早くも暑い季節がやってきた。

年々、夜、エアコンを入れる時期が早まっている。そして気だるい朝も。

無理やりにでも頭のスイッチを入れないと。

 

最近ものすごく気に入って毎日ヘビーローテのBlack Label Society。

Apple Musicのおすすめプレイリストに偶然出てきた1曲が忘れられず、

あれこれ端からアルバムを聴いてみて、

とりあえず気に入った比較的最近の2枚をレコードで買った。

そのうちの1枚が、"Order of the Black"。

 

 

 

 

とにかく、気になる1曲、気に入った1曲が入ってさえすればそれで十分。

もちろん、いきなりの冒頭からザリザリなギターとこれでもかというくらいメロディアスなライン。

そしてこの声、この歌い方。

"Time waits for no one"を、朝から強い陽が射す部屋で聴いていた。

朝から聞く歌ではないのかもしれないが。

いい歌はいつ何時どれだけ繰り返して聴いても十分ということはなくて、

もっともっとと欲する何かが躰の芯から溢れ出てくる。

 

 

 

 

 

 

この、ギターを弾き、そして歌っているZakk Wyldeという人。

わたしはこのアルバムから初めて聞きだしたのだけれども、

彼がオジーオズボーンというグループに居て、その当時はものすごく痩せてたというのを教えてもらい、

早速に検索してみたら、びっくりするほど雰囲気が違う。

まるでごつい棍棒のような腕でがっつり弾くギターのイメージとはかけ離れていた。

 

それにしても。

単にバラードというのではなくて、強さと美しさを兼ね備えてじわじわと昇華していく様は、

なんと言えばいいのだろう、ただそれに耳を傾けるだけで心の中の霧が晴れていく。

それが、夜通し蒸し暑く寝苦しかった日の朝であっても。

 

最近、なんというか、冴えない日が続いているけれど、

そんな1曲と出会えたのだから十二分にhappyだ、それでいいじゃないかとほっとする、

朝の7時だというのに、ベランダはすでにジリジリと焼けるように暑い週末の朝だ。

 

 

pop & rock | - | - | author : miss key